読むべき本 〜 本は新しい価値観との遭遇

知識を付けることによって、モノゴトの本質・仕組を理解できる。知識を行動に移すことで、何かを成し遂げたり、お金を掴んだり、幸福を手に入れたりできる。

『明日、世界一周に行く』という人生

自分の世界一周という夢を叶えたり、親孝行した結果、幸福は、お金の上に成り立つんだなと気付いた。幸福や自由に考えてみた。「明日、世界一周に行く」という自由の定義が可視化された。今日を最高な1日にするための魔法は、明日、1番好きなことをする日をいう希望を持つこと。

【本要約】なぜ世界は存在しないのか

私たちは「五感 ( 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触角 ) がある」と考える習慣がある。古代ギリシア哲学者アリストテレスは、思考を感覚の一種とした。思考は、体の感覚と対置される。
湯浅

自分の魅力

私たちは、他人と接することで、他人を鏡として、自分を映して、自分を理解する。 また、他人からの意見で、自分の知らない自分を発見する。

【本要約】できないことはやりません

資料は、ラブレターである。自分の本心は置いておく、相手に刺さることを書く。「好きだ」ではなく、「俺と付き合うといいことあるよ」だ。
お金

貧乏人は忙しく、金持ちは暇だ

私たちは、マークシートという効率的な受験戦争の中で戦い抜いてきた。「答えが選択肢の中にあるのが、当然だ」と思っている。だから、気が付かない。本当の答えは、選択肢の中にないことに。

【本要約】本質を見抜く「考え方」

私は、世の中とどう折り合いをつけて生きていくのか?ということが人類のテーマである。そこに万人に共通の答えはなく、自分でその答えを探す手段として、ギリシャ・中国古典がある。
社会

社会が生み出す価値

社会が変化することで、私たちの意識や行動が変容させられる。私たちの価値観は絶対的なモノではなく、社会によってコントロールされるモノである。私たちが、大切にしている価値観は、その程度の価値しかない。

【本要約】( 決定版カーネギー ) 道は開ける

感情に従って行動しているのではなく、感情と行動は同時にはたらく。 人は決心ひとつで感情を変えることはできないが、決心ひとつで行動を変えることはできる。
知識

私たちをつくるモノ

人間の肉体は摂取する食べ物でできている。 人間の精神は摂取する情報でできている。 岡田斗司夫

【本要約】図説 人新世

人間が文明を持ち、快適さを追求し、経済成長を追求して、地球の環境を改変してきたことによって、地球環境全体のバランスは、崩れてしまっている。人新世 ( 人間と環境との関係の新時代 ) である。
★重要

私は、草

人間は、自分で自然を作り出すことを始めたのだ、農耕生活である。植物を、栽培して、食物を安定的に確保する術を覚えたのだ。人間が自然に背いた初めての瞬間である。
タイトルとURLをコピーしました