読むべき本 〜 本は新しい価値観との遭遇

知識を付けることによって、モノゴトの本質・仕組を理解できる。知識を行動に移すことで、何かを成し遂げたり、お金を掴んだり、幸福を手に入れたりできる。

『明日、世界一周に行く』という人生

自分の世界一周という夢を叶えたり、親孝行した結果、幸福は、お金の上に成り立つんだなと気付いた。幸福や自由に考えてみた。「明日、世界一周に行く」という自由の定義が可視化された。今日を最高な1日にするための魔法は、明日、1番好きなことをする日をいう希望を持つこと。
湯浅

黒ゴマアイスが好きという不合理

体験的価値は、知識に勝る。どんな知識も、体験的価値の前では、無力だ。誰も、自分の体験には、嘘は付けない。「 美味しい 」という感情を、知識で「 ポリシーと違う 」と言っても、意味がない。
社会

情報主義という時代

どんな自分になりたいかは、情報次第なのだ。どんな情報を得るかは、自分次第なのだ。自分が得た情報によって行動した全責任は、自分にある。

【本要約】14歳から考える資本主義

人間は、お金とその使われる仕組みを、脳の中に虚構としてつくりあげた。人間は、幸せになる道具として、お金と経済の物語をつくった。
社会

価値という概念

みんなが欲しがるモノは、みんなが「 価値がある 」と思っている。 みんなが「 価値ある 」と思っているモノを、みんなが欲しがる。 価値は、それを評価する人がいるから意味がある。 誰も評価しないものには価値がない。

【本エッセンス】相手の心をつかむ「人たらし」金銭哲学

カネで人の心は買えないが、カネに気配りという付加価値を付けることによって、人の心は動く。理屈で人は動かない。自分ごとでしか動かない。
歴史

誕生→創造→破壊

そして、死ぬということは、どんなことなのかも知りたい。死んでみないとわからない、生き物としての最後の知である死は、生き物としての責任であり、人生の答えであるからだ。

【本要約】負債と報い

生存の最適戦略:初対面の相手には、協力をする。それ以降は、前回に相手が取った行動と同じ行動をとる。
知識

目的と目標の違い

目的と目標とは、戦略と戦術と似たようなものである。目的に辿り着くための経過地点が目標である。ダイエットは目的になりえない、目標にしかならない。

【本要約】宗教の秘密

お金教は「 お金がなければ餓死する 」と言って脅し「 お金さえあれば幸せになれる 」と誘惑してきた。お金教が、人間をお金に奉仕する奴隷にしてしまった。
知識

ヒトとAIの境界

問題の答えを正確に答えるのがAIで、問題の答えを間違えたり、問題の質問自体で遊んだり ( 猫と犬 )、問題とは関係ない答えをしたり ( お笑い ) するのが、意識を持つヒトである。
タイトルとURLをコピーしました