読むべき本 〜 本は新しい価値観との遭遇

知識を付けることによって、モノゴトの本質・仕組を理解できる。知識を行動に移すことで、何かを成し遂げたり、お金を掴んだり、幸福を手に入れたりできる。

『明日、世界一周に行く』という人生

自分の世界一周という夢を叶えたり、親孝行した結果、幸福は、お金の上に成り立つんだなと気付いた。幸福や自由に考えてみた。「明日、世界一周に行く」という自由の定義が可視化された。今日を最高な1日にするための魔法は、明日、1番好きなことをする日をいう希望を持つこと。

【本要約】結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

「すぐやる」「すぐやれない」の違いは脳にある。すぐに動けないのは、脳が正しく働いているからだ。真面目に脳を働かせて、抑制をかけ続けたため、素早い決断や行動ができなくなっている。
仕事

朝ごはんはドラッグ

朝から、仕事で、最高のパフォーマンスを出すには、朝ごはんなしで、エネルギーを脳に集中させる。朝から酒を呑んで仕事に行かないのと同じだ。
投資

未来のための投資 〜 大学生とハーレー

大学生の時、いつか乗るハーレーのために、免許を取っていたから、ハーレーに乗れる人生になった。
社会

社会の風刺

私たちは、モノゴトを捉えるとき、自分が理解できるフレームの中に、落とし込んでいる。わからないことは、フレームを定義することで理解しやすくなる。

読書の意義

本を読んだだけでは、変わらない。本を読んだだけでは、足りない。本を、まとめる。自分が大事だと思ったことを書き留める。また、誰かに本の話しをする。そうやってアウトプットして、まず、第一歩である。

【本要約】知識ゼロからの論語入門

若い時分は学び、30歳になると、人生の方向性を見定め、40歳になると、人生の方向性を確信する。50歳になると、人生の目的がわかり、60歳になると、何を聞いても素直に受け入れるようになる。70歳になると欲望も落ち着く。
歴史

情報中毒

情報過多の現代は、情報中毒を生み出している。どうでもいい情報に振り回されているのが現代人だ。自分の意思による情報の取捨選択が必要だ。

目的のための行動ではなく「行動のために目的を作りたい」と考える。

行動のために、目的が必要だ。目的だけでは行動意欲が湧きづらい。目的の他に、サブ目的があると、行動意欲が高まる。

【本要約】人はカネで9割動く

同じ1万円であっても、使い方によって、10万円にもなれば、1000円以下の価値にもなってしまう。これを生き金、死に金という。

私たちの人生を彩るモノの正体

私たちの人生は、すべて100%体験によって作られている。その体験自体を目的とする。「人生でどういった体験をしたいか?」という事を目的とする。
タイトルとURLをコピーしました