読むべき本 〜 本は新しい価値観との遭遇

知識を付けることによって、モノゴトの本質・仕組を理解できる。知識を行動に移すことで、何かを成し遂げたり、お金を掴んだり、幸福を手に入れたりできる。

『明日、世界一周に行く』という人生

自分の世界一周という夢を叶えたり、親孝行した結果、幸福は、お金の上に成り立つんだなと気付いた。幸福や自由に考えてみた。「明日、世界一周に行く」という自由の定義が可視化された。今日を最高な1日にするための魔法は、明日、1番好きなことをする日をいう希望を持つこと。

【本要約】武器になる哲学4 〜 他人

私という個人は、分かった後と前では、違う人間になる。なぜなら、昨日の自分では、わからなかったことが、今日の自分は、わかったからだ。「わかる」ということは、「かわる」ということである。
健康

止めるという行動〜お金を使うという痛み

思考は現実化するからの思考 2021/7/27 止めたいことを止めるためには、自分の嫌いな行為を混ぜると、いい。 例えば タバコを止めたいなら、自分の嫌いな「お金を使う」という行為を混ぜる。 お金を使って、タバコを止め...

【本要約】武器になる哲学3 〜 人間

悪事は思考停止した凡人によって為される。悪とは、システムを無批判に受け入れることである。

【本エッセンス】仕事は楽しいかね

試してみることに失敗はない。人は変化は嫌いだが、試すことは好き。
健康

はじめるという行動〜習慣化=意思×興味×ゲーム

「早起きしたい」という意思がある。「健康」という自分のモットーや好きなことや興味・関心があることを取り入れる。ゲーム感覚で、できるアプリを取り入れる。

【本要約】武器になる哲学2 〜 思考

「無知の知」とは、知らないということを知っている。「自分は知らないのだ」という認識が、学びのきっかけであるからだ。
湯浅

ソリューション・マーケティング・イノベーションをわかりやすく説明

みんなの困っているに気付くことができたら、それを形にする。胸に刺さる言葉にする。モノを再定義して分かりやすくする。それが、ソリューションであり、マーケティングであり、イノベーションである。

はじめる前に止めること

何かをはじめるときには、やめることを決心することだ。やめなきゃ、はじめられない。

【本要約】武器になる哲学1 〜 哲学 = 教養

難しいのは、新しい考え方・動き方を始めることではなく、古い考え方・動き方を批判的に捉えて、これを終わらせることだ。
知識

お金で買えるモノよりもお金で買えないコトが欲しい

所有という概念である。欲しいとは、所有したいとおもうこと。所有とは、自分だけのモノにしたいということ。
タイトルとURLをコピーしました