1日3食だから、不健康に太ってしまい、仕事の効率も上がらない

健康

「不食という生き方」からの思考

2021/8/13

「飢餓」が日常だった。

人類史の99%は、狩猟採集時代だった。
狩猟採集時代は、獲物が取れたり、取れなかったりするから、「飢餓」が日常だった。

そして、火が使えるようになる前は、食物の消化に時間を要した。だから、腸は今よりも長かった。そして、食物を消化しているときは、身体のエネルギーが、食物消化に費やされていたので、人類は、ダラダラして過ごしていた。

現代でも、私たちは、食後に、眠くなったり、集中できなかったり、ダラダラしたりする。それは、身体のエネルギーが、食物消化に費やされていているから、当然である。満腹まで食べれば、尚のこと、身体のエネルギーは、食物消化に集中する。頭が働かないのは、当然である。

身体のエネルギーは、無限ではない。どこかでエネルギーが費やされれば、他には、エネルギーが回らないように、バランスをとっている。

それでは、ベストパフォーマンスは、どのようなときに、もたらされるのかは、自明だ。

人類史のほとんどを占めていた「飢餓」という日常の中である。食物消化というエネルギー消費が起こっていない「空腹状態」である。

人間はそんなすぐに進化しない。飽食は、ここ、100年もない歴史である。だから、飽食による生活習慣病が、死因のNo.1である。

私たちは、食べ過ぎなのだ。

1日3食は幻想だ。
エジソンの最大の発明は、朝食だ。
朝食は、資本主義のための文化である。
文化の改変|セミFIRE湯浅淳一|note
2019/8/29@プラハinチェコ 2019/8/29@ミュンヘンinドイツ YouTubeで、おもしろい話を聞いた エジソンと言えば、 白熱電球や蓄音機や電話機が 有名な発明王 Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration. 一般に...

朝食をとると、身体のエネルギーが食物消化に奪われてしまって、脳にエネルギーが回らない。仕事が捗るわけがない。

昼食も同様だ。特に食べ過ぎてはいけない。

今は、不食という世界観も存在する。
【本要約】不食という生き方
感情によって、ストレスによって、食欲が生まれる。過食は、ストレスを紛らわせるための代償行為である。

自分の知らないことは、科学的ではないことは、私たちは、怪しくおもってしまう。

本当かどうかはわからない。自分で試してみないとわからない。けど「不食という生き方もある」という知識だけは持っておく。

なぜ、私たちは、食べ過ぎてしまうのか?

不食という生き方があるとすれば、食事は、まさに、ドラッグ以外のナニモノでもないだろう。安くて簡単に、ドーパミンを放出させて、快楽を得ることができる。

そして、食事にハマり、常用することで、生活習慣病という病に陥り、死ぬ。

空腹を日常とすることで、エネルギー消費が脳に使われ、集中できる。そして、食べすぎないことで、健康を保持できる。

1日3食なんか食べたら、身体は常に消化をしなければならず、ずっとエネルギーを消費し続けて、脳にエネルギーがいかず、集中できず、食べ過ぎで、病気になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました