はじめるという行動〜習慣化=意思×興味×ゲーム

健康

はじめるという行動

2021/7/27

早起きのコツ

早起きのコツは、ゲーム感覚にすることだ。

そのためには、何か目覚ましのアラームのアプリを入れる。

湯浅は、健康大好きだから、睡眠が浅いときに起こしてくれるアプリを入れている。

一定時間内で、睡眠が浅いとき(覚醒に近いとき)に、アラームが鳴るので、目覚めがいい。

  • アラームは、設定時刻になるのではない。
  • アラームは、一定時間の中(設定可能10分間〜30分間)で鳴る。

アラームの時刻ではなく、睡眠が浅いときに、起きるというイノベーションである。

既存の決まった時間に起きるアラームとしての機能ではなく、できるだけストレスなく起きることを目的としたイノベーションである。

ゲーム感覚

ゲーム感覚に必要なのは、

毎日の変化を楽しめること

毎日の睡眠状況が、グラフと数値になって表示されていることで、自分の毎日の変化を確認できる。

今日と昨日の睡眠状況を比較できるし、起きたときの気分も比較できる。

だから、効果を実感できる。

そんな様々なゲーム的要素がある。

習慣

健康と、ゲーム感覚によって、早起きが大変なことから、習慣になる。

  • 早起きしてれば、夜の早い時間に眠くなる。
  • 早寝早起きの身体に変化していく。
  1. 「早起きしたい」という意思がある
  2. 「健康」という自分のモットーや好きなことや興味・関心があることを取り入れる
  3. ゲーム感覚で、できるアプリを取り入れる

これで習慣化できる。

習慣化 = 意思 × 興味 × ゲーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました