Ai&Ni

知識

Ai&Ni

2020/12/28

Ai ( artificial intelligence ) … 人工知能
Ni ( natural intelligence ) … 自然知能

道を歩いていたら、ちょっとした空間で、個展をやっていて、そこに気になるワードがAiとNiとあって、「何だろう」って見ていたら、中の人が出てきて、「今から、イベントがはじまるから、見ていかないか?」と、無料だし、イベントは5分で終わるし、ちょうど今からはじまるからと、5分で無料で、すぐにはじまるならいいかと見てみる。

なんだか、よくわからないし、何が起こるのかもわからないし、これからどうなるんだろうという状況で、イベントがはじまる。

イベントは、寸劇であった。
『NiとAiの未来、シンギュラリティが起こるも、NiとAiは、手と手を取り合う未来になるのか?どうか?』というテーマを投げかけて終了する。

イベントよりも、会場に飾ってあった絵である。それは、Aiが描いた絵であるという。俄然、興味が湧いてくる。

そのAiを作った人がいるとのことで、話しを伺うと、確かに、興味深くて、自分が技術屋
だなと、あらためて認識した。技術はおもしろい。

そこで、若い彼に「Aiが言語を認識する未来は訪れるのか?」と尋ねてみた。
そうすると、「その時代は来る」「今の技術でも、かなり高精度になってきている」と答えた。

「Aiが言語を理解する時代は来ない」という認識である、今、最先端にいる中年の人たちは。しかし、若い人達が、中年の古い思想を取り払って、全く新しい形で、切り開いていく。

「Aiが言葉を理解したとしたら、Aiが感情を持つ未来は来るのだろうか?」と考える。彼よりも更に若い世代がAiに感情を持たせるのかもしれない。それは、人類の終焉になる、禁断の果実の実であろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました