赤ちゃんの笑み

社会

赤ちゃんの笑み

2021/11/17

  • 私たちは、昔、赤ちゃんだった。

人間は、赤ちゃんから、成長して、子どもになって、大人になっていった。

  • 私たち人間は、全員、赤ちゃんだった。

赤ちゃんは、目が合うと、満面の笑みをくれる。知らない人という概念はない。人間に対して、生き物に対して、動くモノに対して、自分が認識したモノに対して、笑みをこぼす。

そこに打算などない、本能で、笑みがあふれる。

私たちは、生まれたとき泣いた。
そして、そのあと、笑うようになった。
私たちは、不快なときに泣いて、あとは、笑っていた。
この世界のすべてを笑って受け入れていた。

子どもになって、怒ったり悲しんだりする術を覚えた。

  • 自分の意思が生まれて、自分の意思通りにいかないと、悲しんだ。
  • 自分の意思通りにいかないのは、誰かのせいだと気付いて、誰かに怒りを露わにした。

いろんな感情を覚えていき、少しずつ、笑みを失っていった。

・この世界のすべてを受け入れて笑っていたのに、いつのまにかこの世界のすべてを受け止められなくなったのか?
・この世界の状況に絶望したのか?
・この世界で笑い続けることを諦めたのか?
・この世界の終わり ( 死 ) を自然と理解したのか?
笑わなくなってしまった。

赤ちゃんが笑うのを辞めてしまったのは
・親が悪いのか?
・大人が悪いのか?
・社会が悪いのか?
・国が悪いのか?
・世界が悪いのか?

私たち大人が、子どもが、赤ちゃんのように世界をすべてを受け入れて、笑みで溢れていたら、世界はもっと素敵な世の中だ、世界は平和だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました