臭いが1番苦手なのかもしれない

悩み

臭いが1番苦手なのかもしれない

2021/5/11

人は不快を嫌う。

人によって、嫌う不快は異なる。

不快の感じ方も人によって異なる。

味覚が人それぞれで異なるようなものだ。

つよい臭いが苦手だ。

香水

香水が苦手だ。

女性とデートで会った瞬間に、香水を付けていたら、香水が嫌いだとハッキリ伝える。付き合ってもない段階でも、はじめに、伝える。

女性がオシャレの一つとして、俺に「いい香りがする女性だ」と思われたくて付けてきた香水でも、香水が嫌いだと伝える。

人は、嫌われたくない。ましてや、デートするくらいの女性なのだ。「香水が嫌だ」とおもっても、言わずに我慢する人が多いかもしれない。

俺は、嫌なものは、嫌なのだ。
特に、香水は、ダメなのだ。
つよい香りは、気分が悪くなる。

コーヒー

コーヒーとストレスで、口臭がヤバい人がたまにいる。ツーンとした刺激臭である。

それに気付いた時、眠気覚ましのコーヒーをやめた。

あんな、不快な臭いを撒き散らすような人になりたくない。

タバコ

自分では気にならず、気付かなかったが、タバコも臭い。

アイコスに変えた。

もはや、アイコスもやめた。

自分から、不快な臭いを出したくない。

汗臭いのも、不快な臭いだ。

スーツは汗をかく。

スーツを着るのをやめた。

太ると汗をかく。

いつも、太らないように気を付けている。

汗臭い臭いを出したくない。

頭皮

日常のジャンプーで落とせない皮脂が頭皮に詰まって、頭皮から匂う人がいるという情報に触れた。

美容院に行く時は、ヘッドスパが必須となった。

頭皮から臭いを出したくない。

加齢臭

不快な臭いを出さないためのことは、全部やる所存である。

40代である。
加齢臭が気になる。
でも、対処しょうがない。

老齢臭

さらに、老人になると、老齢臭を放つ人もいる

老齢臭は、あのツーンとした鼻に残る臭いだ、苦手だ。

でも、自分じゃ気付かないし、対処しようがない。

だからこそ、厄介だ。

そして、いつか、自分も、そういう人間になる可能性がある。

老いたくないのは、そういうこともあるんだろう。

臭いへの嫌悪

書いているうちに、自分がわかる。

  • 自分の行動の至る所に、臭いへの嫌悪があった。
  • 臭いへの嫌悪が、様々な行動に結び付いていた。
  • 老いへの恐怖は、臭いへの嫌悪も、その一部だった。

書くまで、こんなに、「自分が、臭いに敏感に生きてきた」なんて知らなかった。

人のことは、どうでもいいし、気にしないけど、自分が、不快な臭いを人に放つのは、気にするという矛盾は、臭いへの嫌悪の形である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました