『ノーベル経済学賞受賞”心理学者” VS ノーベル経済学賞受賞”経済学者”』勝者は心理学者と言う皮肉

投資

『ノーベル経済学賞受賞”心理学者” VS ノーベル経済学賞受賞”経済学者”』勝者は心理学者と言う皮肉

画像は、行動経済学のマインドマップ
2020/9/1
心理学者カーネマンは、従来の経済学の根本思想である「人は合理的な判断で行動する」という原理を否定した行動経済学「人は非合理的な判断で行動する(人は感情で行動する)」でノーベル経済学賞を取った。
経済学者マーコウィッツは『現代ポートフォリオ理論:ポートフォリオとして、多数の銘柄や、複数の資産に分散投資する』で、ノーベル経済学賞を取った。
マーコウィッツは、ノーベル賞の賞金を、現代ポートフォリオ理論に従って、投資すると言った。
しかし、現実には、感情を優先してしまい、ノーベル賞を取った理論を実践できなかった。
合理的なノーベル賞の理論ですら、非合理が支配する感情の前では、意味をなさないのだ。
心理学者でありながら、ノーベル経済学賞を取ったカーネマンが、
経済学者で、ノーベル経済学賞を取ったマーコウィッツの矛盾を証明するという皮肉な結果となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました