読むべき本 〜 本は新しい価値観との遭遇

お金

ユダヤの商法

【本要約】ユダヤの商法
ユダヤ商人は、金儲け、節税のためなら、国籍すら、売ってしまう。自分のアイデンティティや感情は関係ない。金に対して、フラットで合理的である。ユダヤ人の価値観の基準は、金である。「清貧が、素晴らしい」という価値観など存在しない。清貧は、ただの貧乏だから、軽蔑される。

外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話

【本要約】外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話
【お金の本質】お金の「額面」ではなく、お金が持つ「購買力」である。お金の価値は一定ではなく変化する。 【投資の定義】お金を増やすために、お金を増やしてくれそうなものを買うことである。

資本論

資本論の要約~実は、この世の中は、資本主義は、残酷な世界だった
社会は商品で成り立っていて、商品には使用価値と交換価値がある。他人にとって使用価値があるものが商品である。商品は、人の労働が内在しているので、商品の価値は、人の労働の量によって決まり、労働の量とは、労働時間である。すべての商品を一定の比率でイコールで繋げる商品が、貨幣である。

幸福の資本論

【本要約】幸福の資本論1 〜 幸福を設計
人は幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

14歳からの資本主義

【本エッセンス】14歳からの資本主義
資本主義は、本来の役割を失い、自己成長を制御できず、暴走をはじめている。人々は、資本主義が生み出したテクノロジーに、コントロールされている。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷すぎる労働者の真実~労働者と資本家のヒエラルキーは存在する
人は、生まれながらにして、平等だというのは、真実ではない。人は、ヒエラルキーに生まれ、ヒエラルキーの中で生きていく。だから、労働者(=人的資本家)が、金融資本家になることはない。

ビジネス

年収は住むところで決まる

【本要約】年収は住むところで決まる
イノベーションを起こすためには、適切な生態系に身を置かねばならない。都市は単なる個人の寄せ集めではなく、様々な要素が複雑に絡み合っている。その環境は、新しいビジネスの創造を後押しする。

モチベーション3.0

【本要約】モチベーション3.0
人間には、お金という報酬目的の傾向だけではなく、新しいこと・やりがいを求める傾向や、自分の能力を広げ、発揮し、探究し、学ぶ傾向が、本能的に備わっている。

ポジションニング戦略

【本要約】ポジションニング戦略
やってみる価値のあることは、失敗する価値もある。やってみる価値のあることでも、完璧にできるようになるまで待っていたり、グズグズしてきると、実行の機会を永遠に失ってしまう。失敗を恐れて確実なことしかしないより、何度も挑戦していくことだ。

ハイパワーマーケィテング

【本要約】ハイパワーマーケティング
ブレイクスルー:何かをするための方法のうち、慣習に捉われない斬新で優れた方法のこと自ら、ブレイクスルーを生み出すことで、ビジネスや人生における最大の成功と繁栄を獲得できる。

ビジョナリーカンパニー

【本要約】ビジョナリーカンパニー
ビジョナリーカンパニー創業者が、粘り抜くのは、会社である。アイデアは諦めたり、変えたり、発展させることはあるが、会社は絶対に諦めない。究極の作品は会社であり、アイデアの実現でも、市場を捉えることでもない。

現代ビジネス

僕は君たちに武器を配りたい

【本要約】僕は君たちに武器を配りたい
これからの時代、マニュアル化された仕事をするだけの人材は生き残っていけない。では、どういった人材が生き残っていくのか?それは、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターである。

ミライの授業

【本要約】ミライの授業
未来を作る人が、新しい道の先頭を歩み、時代を少しだけ前に進める人がいた。自分にしかできないことで、古い世界を一新させてきた。みんなと違った道に進み、全く新しい旗を掲げて、誰も知らない明日へと踏み出す人になろう。

君に友達はいらない

【本要約】君に友達はいらない
株式会社という組織を筆頭に、かつて有用だった仕組みが緩やかに解体されて、再構築される途上にある。既存の組織や枠組みに替わって個人が緩やかなネットワークでつながり、その連携の中で仕事をし、プロジェクトベースで離合集散するという世界観が、現実のものになりつつある。この世界観が、グローバル化が進展する時代の幸福な生き方である。

武器としての決断思考

【本要約】武器としての決断思考
教養が必要である、自由になるために、自分の力で幸せになるために。知識ではなく、考え方を学ぶことである。答えではなく、答えを出す方法を学ぶ。知識を元に、判断して、行動につなげる.

読書は格闘技

【本要約】読書は格闘技
『読書について』ショウペンハウエル著~読書は、他人にものを考えてもらうことである。1日を多読に費やす時間勤勉な人間は、次第に自分でモノを、考える力を失っていく。

自己啓発

思考は現実化する

【本要約】ナポレオンヒル思考は現実化する 〜 概要
具体的な目的を定める。目的を達成するまでは、諦めないと決意する。目的を達成するという強い信念が、確固たる行動に転化した時、成功に向かって作用が始まる。そして、目的は実現する。

原因と結果の法則

【本要約】原因と結果の法則
自分のおもいが現象化して環境を変えてしまう。おもいが結果を変える。自分が手にしたいと考えていることは、繰り返しおもうことで、自然と結果となる。

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

【本要約】誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
1日は、1番大切なことから、手を付ける。1日の仕事や行動の中で、1番大切なこと3つだけ決める。その他のことは、余った時間で十分だ。

やりたいことの見つけ方

【本要約と自己対話】やりたいことの見つけ方
やりたいことがない人がいるのではなく、やりたいことの正しい見つけ方を知らないだけである。やりたいことは、試行錯誤しながら、育て、自分で作り上げていくものである。やりたいこととは、好きなことを得意なやり方でやることである。

巨大な夢を叶える方法

【本要約】巨大な夢を叶える方法
「不安が、何もなければ何をやるだろうか?」お金や生活のことが不安で、行動できない人は多い。もし、お金や生活の不安がなかったら、何をするだろうか?それが自分が本来1番やりたいことである。

知識

サピエンス全史

【本要約】まんがでわかるサピエンス全史の読み方
人間は、虚構を信じてしまう。人間の恐ろしいところは、みんなが信じることで、虚構が現実となるところだ。そして、その虚構を信じる根底にあるのは、他人を信じることである。

ホモ・デウス

【本要約】ホモ・デウス〜テクノロジーとサピエンスの未来
テクノ人間至上主義は、人間をロボットのような意識のない存在へと造り替えるかもしれない。データ至上主義は、人間を単なるアルゴリズムとみなすことで、人間はデータを処理する存在として扱うかもしれない。

予想どおりに不合理

【本要約】予想どおりに不合理
行動経済学は、人が不合理な行動をするという前提にたっている。人は、自分が何の力で動かされているか、ほとんどわかっていないゲームの駒である。人生は、自分が舵を握っていて、自分の決断によって、自分でコントロールしていると考える。しかしこれは、幻想である。

それをお金で買いますか〜市場主義の限界

【本要約】それをお金で買いますか〜市場主義の限界
子どもが本を読むためにお金を払えば、子どもは本をもっと読むかもしれない。だが、これでは、読書は、" 教養の獲得 " ではなく、" 面倒な仕事 " になる。生きていく上で、大切なものに値段を付けると、それが腐敗してしまう恐れがある。

日本人の9割が知らない遺伝の真実

『日本人の9割が知らない遺伝の真実』要約~遺伝と収入の関係
共有環境は、" 親の影響がある家庭環境 " であり、非共有環境は、" 家庭以外の環境 " である。性格や知能や運動能力は、遺伝の影響が約50%であり、非共有環境の影響が約50%であり、共有環境の影響はほとんどない。

ずるい考え方 〜 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

【本要約】ずるい考え方 〜 ゼロから始めるラテラルシンキング入門
「成功する」という未来のイメージが見えたなら、ブレることなく愚直に突き進んでみる。それは、他の人には見えない景色が見えていることだ。

「超」入門失敗の本質

【本要約】「超」入門失敗の本質
目的達成につながらない行動や努力は、意味がない。目的達成につながる行動や努力を選別しなければならない。それが戦略である。戦略を実現する方法が戦術である。優れた戦術でも、目的達成につながらなければ意味がない。戦略の失敗は、戦術で補えない。

「ついやってしまう」体験の作り方

【本要約】「ついやってしまう」体験の作り方
旅とは旅という体験自体が本質である。旅を通して成長して、変わる。ゲームも体験自体が本質であって、体験を通して、プレイヤーが変わることに意義がある。プレイヤーが自分自身の成長に気付かなければ意味がない。

任天堂~驚きを生む方程式

【本要約】任天堂~驚きを生む方程式
任天堂がやることは、任天堂が一番の強みを発揮できる部分に絞る。上手に捨てられるから、少数でも、世界と戦える。それが、自分たちではできないことは、他社と組むということにつながる。

新しい価値観

「死」とは何か

【本エッセンス】「死」とは何か
死は感情で捉えてはいけない。死を論理的に思考する。論理的に思考すれば、死は恐れるものでもないし、悪いものでもない。

男であれず、女になれない

【本要約・感想】男であれず、女になれない
自分から性別を除外したら?自分が自分であるというアイデンティティは、自分の人生から性別を除いても、変わらないか?著者が描いた性の結論とは?

完全教祖マニュアル

【本要約】完全教祖マニュアル
人は、権威を求めるように、教育されてきた。権威に従うということは、自分より優れた人の意見を聞くということであり、「自分で考えなくてよい」ということだ。実は、多くの人は自分で考えことが苦手なのだ。だから、権威のある人の思考にすがって、楽をしたい。

古典

心の安定について

【本要約】心の安定について
死への恐怖の乗り越えかたは、死への興味である。死からも学ぼうとする姿勢である。人は、何事も軽くみるようにし、心を楽にして、物事に耐えるべきである。人生を嘆き悲しむより、笑い飛ばした方が人間的である。

人生の短さについて

【本要約】人生の短さについて
多忙は人間から有意味な時間を奪い、人生を浪費させて、短くしてしまう。われわれは「人生が短い」と嘆くが、それは、われわれが時間の無駄使いをしているからに他ならない。多忙な生活から離れ、時間を有効に活用する術を知ることによって、われわれは人生を長くすることができる。

知的生活

【本要約】知的生活
『何をやるかということより、何をやらないでおくか』が、最重要である。経験は、自分の予想以上に、価値がない。解決しなければならない問題には、必ず未知の要素が含まれているからだ。

モモ

【本要約・本感想】モモ
人生で大事なことは一つである。何かに成功すること。他の人より成功し、偉くなり、お金持ちになった人間には友情や、愛や、名誉は自発的に集まってくる。

次点ランク

カイジから経済を学べ

【本要約】カイジから経済を学べ
本当に欲しい訳ではないのに、無料につられてお金や時間を消費する。人間は損を恐れるが、無料は、金銭的損失が発生しないので好まれる。無料とは、価格0円であるが、人間の心はそのように判断しない。

「働きたくない」というあなたへ

【本要約】「働きたくない」というあなたへ
仕事とは?(1)お金のため:労働の対価としての収入を得るため(2)人のため:人の役に立って社会貢献するため(3)自分のため:自己表現をして自己実現をするため

幸福論

【本要約】ラッセル幸福論
幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である。人生に対する熱意があれば、外界への自然な興味が湧き、人生が楽しくなる。

学校では教えてくれない稼ぐ力の身につけ方

【本要約】学校では教えてくれない稼ぐ力の身につけ方
" 人に喜んでもらえること " を考えて、" 行動して実現させること " から、はじめる。人に喜ばれて、嬉しかった経験をして、「それを仕事にする」と決めて、起業する。

プログラミング教育ってなに?

【本要約】プログラミング教育ってなに?
今、1000 年に一度の大革命ともいえるデジタル大革命を迎えている。学校で学んだ知識だけでは対応できず、誰も答えを教えてくれない、誰も答えを知らない世の中を子どもたちは生きている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました