人はどういった生き物なのか?

本は収束する2

本の要約、本の結論、本の真理
本が収束した結果は、たった一つの本質「行動」である。知識は実践して、行動に移してこそ価値がある。

2021/7/22

収束した本の結果は、行動である。

本は、人に行動させるように呼びかけてくる。いろんな知識や、いろんな歴史や、いろんな経験を、さまざまな形に切りとって、行動せよと伝えてくる。

人は、習慣の生き物だ。
だから、習慣を変えなさい。

人は、環境の生き物だ。
だから、環境を変えなさい。

人は、社会性の生き物だ。
だから、付き合う人や仕事仲間を考えなさい。

人は、快の生き物だ。
だから、目の前の快に弱く、将来の快を低く見積もる。

人は、不安の生き物だ。
だから、将来のいろんなことをシュミレーションして、不安になる。

人は、安心・安定を欲する生き物だ。
だから、大きな権力に従い、大きな組織に属したがる。

人は、知的欲求の生き物だ。
だから、新しい何かを知りたい、新しいものに目がない。

人は、不合理な生き物だ。
だから、経済合理的に行動できない。

人は、感情の生き物だ。
だから、強い感情によって行動が促される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました