【本感想】それをお金で買いますか〜市場主義の限界

【本感想】それをお金で買いますか〜市場主義の限界

2021/4/16

お金による洗脳の証明

なぜ、今、自分が、これほどまでにお金に支配されているか?

その原因は、冷戦が影響している?

冷戦は、アメリカ合衆国(資本主義・自由主義)と、ソビエト連邦(共産主義・社会主義)であり、アメリカが勝利した。

だから、資本主義が正しいとして、今の世界を支配している。

ソビエトが勝利していたら、今とは違った世界で、自分はお金に支配されていないのか?

アメリカダウ平均100年グラフ

日本がアメリカに、敗戦したのは、1945年である。敗戦以降は、日本の価値観は、アメリカの価値観で形成されている。

冷戦は、1947年〜1991年である。

湯浅が生まれたのは、1980年である。

1980年以降、アメリカのダウ平均は右肩上がりである。

冷戦の終戦後に、” 資本主義の正しさ ” が証明されたとして、その時、11歳である。

11歳の時にはお金持ちになりたかった気がする。だから、冷戦の終戦前でも、その ” 資本主義の正しさ ” というよりも、アメリカの価値観によって、湯浅の思考は形作られたことになる。

つまり、湯浅のお金に支配された思考は、アメリカの価値観と、アメリカの経済発展によって、もたらされた。

だとするならば、

  • その思考の源に、ベッドするか。
  • そんな思考を作ってくれて何するんだと、引上げるか。

2択である。

行動経済学的には、” 自分の行動に一貫性を持たせたい ” から、ベッドすることになる。

どちらを選択するにしろ、その動機は感情であるから、それは、論理的ではない。

自分の軸が、お金への執着が、歴史によって紐解かれる日が来るなんて、おもわなかった。

自己知こそ、至高の幸福である。

コレで、自分のお金への執着を、客観視できる。

国のヤンキー

選挙の投票権は、市民の義務ではなく、公的な責任だと考える。

三大義務

  • 教育
  • 納税
  • 勤労

子どもを養育してないから、教育を受けさせる義務はない。

日々、消費税という税金を納税している。消費税と酒税くらいしか、税金払ってないが。

勤労か、なるほど。「人は働かなければならない」と国が定めてる。そして、俺は、今、働いていないから、ヤンキーだ。学校のルールに逸脱するヤンキーではなく、国のルールに逸脱するヤンキーだ。

学校のヤンキーじゃなかったけど、国のヤンキーになった。10年に1回のペースで国のヤンキーになる。長期で海外に行くときは、住民票も抜くから、日本国民だけど、日本住民ではない。

もう、2年以上、勤労していないから、超ヤンキーである。ヤンキー過ぎて、会話する力さえ落ちてきている。

学校のヤンキーほど、結婚して、子どものためにと、勤労している。学校という枠組みは、ハマらなかったけど、社会という枠組みには、ハマった。

国のヤンキーは、社会のヤンキーである。

社会のヤンキーも、やがて、溶けて、社会に馴染んで、ヤンキーじゃなくなる。

” 人は社会性の生き物 ” だから、ずっと、ヤンキーじゃいられない。

社会性という欲求の芽生えは、社会性の体験による。

時間はお金で買える

借金して、モノを買うということは、モノを早く手に入れるということだ。

借金は、利子を払う代わりに、前取りできる権利を得るということである。

借金の対価である利子は、時間の対価である。

時間とお金は交換できる。

” 未来のお金は、今のお金より価値が減っている “ ということだ。

20歳の時の100万円と、80歳の時の100万円の価値は違う。

何でもできる健康な20歳と、薬のために通院が義務付けられている80歳とでは、同じ100万円でも、使い方は異なる。

  • 20歳なら100万円あれば、ドミトリーと安い移動手段を駆使して、世界一周できる。
  • 80歳は、病院に行かなければならないから、長期な旅行は無理だ。足腰も弱っているので、長時間の移動も辛い。世界一周なんて夢のまた夢だ。

そういった意味で、今ある資産は、日々、減衰していく。

投資に回すことで、マシにはなるが、本来の意味での減衰を、止めることはできない。

新しい価値観のインストールは、惑いを生む。

すべての人は奴隷である。

資本主義社会

資本主義社会は、ほとんど全てのものに、価格が付いている。日常生活で目にする何かには、値札が付いている。

  • 八百屋の野菜
  • ラーメン屋のラーメン
  • 団子屋の団子
  • 自転車
  • クルマ
  • タクシー
  • 携帯会社の通信
  • カフェというお店の不動産と土地
  • UberEatsで働いている人、UberEatsのバッグ、乗っているバイク

そして、八百屋で働いているバイトは時給で働いている。八百屋の主人は時給じゃないけど、” 毎月いくら ” という報酬を得ている。

ラーメン屋の店長は、社員として給与を得ている。

あのかわいい犬も、飼い主が過去にペットとして購入している。

あの夫婦も、夫が妻を口説いて結婚したはずだ。結婚するまでに、そして、結婚した後も、たくさんのお金を使ったはずだ。

あのかわいい子どもも、15人に1人は不妊治療によって産まれている。

資本主義社会とは、目に映る全てが、’ ‘ である。

値段を表示するVRがあったら、「いかに、目に映る世界の全てに値札が付けられているか」を認識できるであろう。

需要と供給

100円均一で買ったボールペン。パッケージをよく見ると、150と書いている。メーカー希望小売価格は150円だけど、100円均一で売ってるから、100円である。

インドをバス移動しているときに、小さな商店が1軒しかない場所で休憩となった。お腹が空いたので、お菓子を買おうとすると、パッケージに書いてある値段より、高い値段をふっかけてきた。「パッケージは、この値段なんだから、この値段で売れよ」って言っても、売り手はOKしない。メーカーの希望小売価格はあれども、他に競合がいないこの場では、売り手が値段を設定できる。

モノの値段は、値札じゃない。需要と供給のバランスで値段は決まる。スーパーの水を高く売りたければ、砂漠のど真ん中に持って行けばいい。

同じモノでも、場所によって、需要と供給のバランスは決まる。

海外のラーメンは、日本の倍の値段だ。寿司は5倍以上だ。

お金は王

人は、資本主義社会の需要と供給の中で生きている。社会の仕組みなので、それに抗えない。

資本主義社会の王は、お金だ。

そして、その価値を決めるのは、人の需要と供給である。供給を受ける側は、その価値に納得できれば、値札のお金を払って手に入れることができる。

この社会の目に映る全てに、値札が付いているのは、そういうわけだ。

お金が王だから、「お金が欲しい」と思う。

そして、たくさんの王を持つお金持ちに憧れる。

資本主義社会が続く限りは、お金のことを考えながら、生きねばならない。人は、お金という王の奴隷だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました