★重要

【本要約】失敗の科学

失敗から学べる人と学べない人の違いは、失敗の受け止め方の違いだ。失敗から学べる人は、失敗を自分の力を伸ばす上で欠かせないモノとして、ごく自然に受け止めている。失敗は価値あるモノだという捉え方だ。
知識

【 大作 】私とはいったい何なのか?

「 私とはいったい何なのか?」という疑問を持たない人はいない。いにしえより、私たちの祖先は考え続けてきた。史上の偉人がいくら考えても、たった1つの答えに辿り着いていない。
湯浅

興味の創成と喪失

勉強や仕事は努力することができるけど、興味は「 努力したからって興味が持てる 」とは限らない。「 興味を持つ 」という意識をコントロールすることはできない。
湯浅

私の世界

私たちは生まれたとき、何も持っていなかった。そして、死ぬときも、何も持たずにこの世界からいなくなる。

【本要約】哲学と宗教全史

哲学も宗教も、人間が生きていくための知恵を探し出すことから出発した。生きていくための知恵とは、不幸といかに向き合っていくかの知恵ともいえる。
社会

人類不平等理論

自分の価値観は、独自のものではなく、他人の言葉の積み重ねでできたものだ。 自分の価値観は、永劫不変の真理ではない、自己保存と進化のプログラムに過ぎない。
湯浅

【湯浅哲学】私とは何か?

人生の意味は、言葉で表現できないだけだ。言葉にすることで、本質が削がれ、意味を失ってしまう。

【本要約】入門経済思想史世俗の思想家たち


社会

情報主義という時代

どんな自分になりたいかは、情報次第なのだ。どんな情報を得るかは、自分次第なのだ。自分が得た情報によって行動した全責任は、自分にある。

【本要約】宗教の秘密

お金教は「 お金がなければ餓死する 」と言って脅し「 お金さえあれば幸せになれる 」と誘惑してきた。お金教が、人間をお金に奉仕する奴隷にしてしまった。
タイトルとURLをコピーしました