★重要

湯浅

自分と社会を分つモノは何か?(1/6)

モノゴトには必ず二面性がある。片方だけが良いということはない。片方だけが良いというのは、価値観であり、知識の不足だ。見方によって、長所は短所になるし、短所は長所になるのだ。
湯浅

今を生きる3 〜 超富豪の仕事

超富豪が働く理由は3点ある。人は、社会性の生き物。欲しいのは、お金ではなく、人からの名声。結局、仕事が1番楽しい。
湯浅

今を生きる2 〜 自由とは知識

お金で得られるのは、自由という名の選択権である。経済的自由という知識がないとその自由を手にすることはできない。
湯浅

今を生きる1 〜 未来という概念

私たちは、未来という概念を手に入れたせいで、今を生きるということを放棄した。今を生きるということは、無我夢中で何かをやること。
★重要

行動の源泉は感情と習慣

私たちは、快か不快の感情によって行動が支配されている。一方で、習慣にしてしまえば、不快でも行動に移すことができる。

【本要約】道をひらく

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。他の人には歩めない、自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのない道がある。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 知識

創造的なアイデアは、既存のアイデアの組み合わせである。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 物理現象

人間が営んでいる物理的な目に見える活動を、様々な目に見えない活動に展開して実質的に世界を広げていけるのが、人間の知的能力の優秀性である。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 行動

人間の行動は、各人の思考回路によって支配されている。人間は感情の生き物である。感情によって行動する。一方で、社会には論理が必要だ。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 自由より制約

実は自由であることは、どんな状況でも万人が望むわけではなく、状況や性格によって、制約されることを好む人や制約がなくなると困る人がいる。
タイトルとURLをコピーしました