★重要

【本要約】人生の授業

自分がどうにかできる問題には力を注ぎ、どうにもできないものは、放っておく。人は得てして、自分ではどうにでもできないものに囚われてしまい、思い悩んでしまう。

【本要約】言語と知能

言語による概念の交換は、新しい概念獲得の道を作った。これは、言語による知能開発であり、知能による行動パターンの変化が、人間と動物を分けるきっかけとなった。
知識

未来は存在しない

未来というモノは、存在しない。未来は、今の積み重ねの結果である。そして、明日という未来がやってきたときは、今である。1ヶ月後の未来も、やってきたときは、やっぱり、今なのだ。

【本要約】心に成功の炎を

自分の言葉や態度で、自分自身がその暗示の同化を受けてしまう。人間としてこの世に生まれた以上は、どんな場合であっても、心の態度を積極的にして生きる。

【本要約】リベラルアーツの法学

リベラルアーツとは、人間が自由な人格であるために身に付ける学芸である。自由とは、いかなる利益をもって誘われても自己を捨てないこと、また、いかなる権力をもって圧迫されても自己を守ることである。

【本要約】失敗の科学

失敗から学べる人と学べない人の違いは、失敗の受け止め方の違いだ。失敗から学べる人は、失敗を自分の力を伸ばす上で欠かせないモノとして、ごく自然に受け止めている。失敗は価値あるモノだという捉え方だ。
知識

【 大作 】私とはいったい何なのか?

「 私とはいったい何なのか?」という疑問を持たない人はいない。いにしえより、私たちの祖先は考え続けてきた。史上の偉人がいくら考えても、たった1つの答えに辿り着いていない。
湯浅

興味の創成と喪失

勉強や仕事は努力することができるけど、興味は「 努力したからって興味が持てる 」とは限らない。「 興味を持つ 」という意識をコントロールすることはできない。
湯浅

私の世界

私たちは生まれたとき、何も持っていなかった。そして、死ぬときも、何も持たずにこの世界からいなくなる。

【本要約】哲学と宗教全史

哲学も宗教も、人間が生きていくための知恵を探し出すことから出発した。生きていくための知恵とは、不幸といかに向き合っていくかの知恵ともいえる。
タイトルとURLをコピーしました