お金

お金

お金の本質

お金の本質は、銀行に表示される数字の羅列に過ぎない。私たちの仕事は、自分の時間という数字を銀行の数字に変換する作業に過ぎない。人間の行動は、数字の移動へと帰結する。
お金

【本抜粋】勉強をお金に変える最強の法則50

体を柔らかくすると、頭も柔らかくなる。体や表情が柔らかくなっていくにつれて、発言や発想も柔らかくなる。

【本要約】お金の正体

貨幣は納税のために発行されたツールである。国家は、貨幣が好きで、経済は貨幣で統一し、精神はお祭りや宗教で統一しようとした。

【本要約】金利と経済

「金利は、元金に対して支払われる利子の割合である」ことは確かだが、たとえば、元金が100万円、利子が1万円だとしても、金利は求まらない。
社会

羨ましいという感情

「他人を羨ましい」と思う感情は、消費を引き出す。 消費が資本主義の根本である。 私たちの日常の何気ない様々な感情は、生きるために本質的に必要なモノではなく、社会や文化に作られたモノかもしれない。
社会

社会的欲求と社会的感情

社会的欲求がなければ、『見栄』という社会的感情は存在しない。私たちは、『見栄』によって消費を促される。消費は「私はあなたたちと違う」という差異を生み出す。マーケティングは、差異の最大化である。
税金

財布と政治家と選挙

私たちの財布から、お金を抜き取り、 「子どもために使います」 「老人のために使います」 「公務員の給与にします」 「自分の給与にします」 と決めている他人がいる。
社会

見栄と借金

見栄とは、本来、不要なモノである。見栄は、自己満足に過ぎない。 見栄は生きるのに必要な本能ではなく、人間の集団が作り出した社会的感情である。
お金

投資理論と未来

人が存在する限り、「衣・食・住」が必要であり、そのためにには、仕事をして、金を稼がなればならない。金を稼いで「その金で何かを買う」という消費活動が生まれる。人の仕事・消費活動によって経済は回り、成長していく。
お金

【本要約】池上さん教えて!世の中のお金のこと

【法律での制限】・貨幣(500円・100円・50円・10円・5円・1円の硬貨)は額面価格の20倍までに限り、法定通貨として通用する。・紙幣(1000円札・5000円札・10000札の日本銀行券)は法定通貨として、何枚でも無制限に通用する。
タイトルとURLをコピーしました