お金

知識

「 甘え 」から見る日本社会

西洋では、夫婦・親子は身内でありながらも個々が独立しているので、甘えのある態度を取らない。「 言わなくてもわかるだろう 」という甘えはない。「 おはよう 」「 ありがとう 」「 愛している 」といった表現は、身内にも常識である。
資本主義

奴隷と自由

お金でも、仕事でも、社会でも、囚われている時点で、その何かに隷属している、奴隷である。本当に何にも囚われない状態が自由である。
社会

欲しいものがないという便利さ

私は、今「 欲しいものがない 」という便利さを享受している。物質的豊かさの向こう側は、物質を欲することができない環境で「 欲しいものがない 」という快適さだった。
お金

資本主義の崩壊

科学者ニュートンは「 完全な神が創った世界には完全な法則があるはずだ 」と考え、万有引力の法則を発見した、理神論者である。科学はキリスト教の延長に過ぎない。だから、科学信仰も社会に刷り込まれた価値観に過ぎない。

【本要約】14歳から考える資本主義

人間は、お金とその使われる仕組みを、脳の中に虚構としてつくりあげた。人間は、幸せになる道具として、お金と経済の物語をつくった。

【本エッセンス】相手の心をつかむ「人たらし」金銭哲学

カネで人の心は買えないが、カネに気配りという付加価値を付けることによって、人の心は動く。理屈で人は動かない。自分ごとでしか動かない。

【本要約】負債と報い

生存の最適戦略:初対面の相手には、協力をする。それ以降は、前回に相手が取った行動と同じ行動をとる。

【本要約】父が娘に語る経済の話

農耕による農作物の生産によって、はじめて、経済の基本要素が生まれた。余剰だ。そして、余剰がすべてのものを生み出した。文字、債務、通貨、支配者、官僚、警察、軍隊、国家、宗教
投資

言語化できなかった私の生き方

「 最高の自己投資は、自分への投資だ 」と言うけれど、誰にもできないから、難しい。
知識

ひとつの悟り

私たちは、減るもの、再現が難しいもの、簡単に手に入らないものに対して、意識を向ける。私たちは、お金や時間に対して、意識を向ける。お金を節約する、お金を貯める。時間を節約し、効率化する。
タイトルとURLをコピーしました