仕事

お金

【本抜粋】勉強をお金に変える最強の法則50

体を柔らかくすると、頭も柔らかくなる。体や表情が柔らかくなっていくにつれて、発言や発想も柔らかくなる。

【本抜粋】Chance ( 犬飼ターボ )

ビジネスを作るということは、自分ではなく、他人に働いてもらうことである。自分が好きどうかは重要ではない。

【本要約】起業への挑戦

理想主義者と呼ばれても結構である。偉大な起業ができるきっかけは「世界を変えるシンプルな問いに答える」ことで、「金持ちになりたい」という願望ではない。

【本要約】起業は意志が10割

既成の価値観が覆る今こそ、新たな事業の力が必要になる。 事業は顧客がいてこそ成立する。新たなニーズを持った顧客が生まれた今は、新たな事業が求められている時期でもある。商機溢れる時代である。
知識

体験 〜 人工知能と人間

人工知能は、創造とコミュニケーションが不得意であるから、創造とコミュニケーションが生じない仕事は、やがて、人工知能に代替されていく。

【本要約】自由になるための技術リベラルアーツ

日本では、世間が倫理基準となっていて「人に迷惑をかけない」ということが、最重要な行動規範となっている。思考停止の状態で、多様性を受け入れない価値観の現れが世間体である。
知識

楽しいと楽しみ

『楽しみ = 楽しい』なら、その感情は正しい。『楽しみ ≠ 楽しい』なら、その感情は、自己否定しないための欺瞞(ぎまん)である。自己肯定するための言い訳である。
税金

財布と政治家と選挙

私たちの財布から、お金を抜き取り、 「子どもために使います」 「老人のために使います」 「公務員の給与にします」 「自分の給与にします」 と決めている他人がいる。

【本要約】心をもつロボット

ロボットとは、" ヒトのように考えることができる機械 " というなら、まだ、ヒトはロボットを作っていない。「『考える』ということは何であろうか?」という問題があり、ヒトは『考える』ということを説明できていない。

美味しいという表現

私たちは、仕事をするために食べるのではない。 私たちは、食べるために仕事をするのだ。 食事はエネルギー補給のためにするモノではない、食事は、楽しむためにする娯楽である。エンタメである、遊びである。
タイトルとURLをコピーしました