健康

お金

【本抜粋】勉強をお金に変える最強の法則50

体を柔らかくすると、頭も柔らかくなる。体や表情が柔らかくなっていくにつれて、発言や発想も柔らかくなる。
健康

痩せ過ぎて、心配される問題

「人より得意なことをやる行為」だったことを「命令されてやる作業」に、任事を仕事に変えた。任事は得意なことをやる行為から、支配者の命令を聞いてお金を稼ぐ手段の仕事へと転落した。
知識

快楽

本能でありながらも、そこには、キチンと快楽が設計されている。そして、私たちは、快楽に従うようにプログラムされている。人間とは、快楽システムによって駆動し、科学的不明瞭な無意識によって制御されるように設計された動物である。

【本要約】僕らはそれに抵抗できない

依存症になる人は「もともと、依存症になりやすい体質を持っている」という常識があった。しかし、実験によって、依存症は、環境によるモノだということが証明された。現代人は、スマホというテクノロジー依存症である。
幸福

「命は大切」ではない「命は必要」

「命は大切だ」としたら、私たちは、人類全体を否定しなければならなくなる。私たちは、他の生き物の命を奪うことで、生き長らえてきた。牛・豚・鳥などの動物を、稲・小麦・野菜などの植物を、私たちは、毎日、食べて暮らしている。
宗教

厄年の存在意義

厄年は、何のためにあるのか?厄年という英語はない、厄年は日本の文化である。厄年は、幸福を実感するためにある。
知識

蚊が伝える命のバトンタッチ

蚊は、食物連鎖を伝えてくれているのかもしれない。蚊を殺すことで、チクリと無意識に感じる痛みは、普段、何気なく生きている私たちへの命の警鐘である。

【本要約】マインドフルネス

マインドフルネスは、自分の内面に意識を向け、思考や感情や行動について、解釈や良し悪しの判断をせずに、ただ観察するための方法である。自分の呼吸だけに意識を集中させ、雑念が浮かんだら、再び呼吸に意識を向ける。
歴史

「いただきます」は ” 命 ” を「いただきます」

「いただきます」は、人間の労力に対しての言葉などではない。 「いただきます」は、生き物に対しての言葉だ。 「いのちを頂きます」が「いただきます」なのだ。
社会

自己への興味の喪失

他人は他人である。他人は自分じゃない。他人は自分の話しを聞いていない。自分も他人の話しを聞いてない。そもそも、人間は、他人に興味がなく、自分にしか興味がない。他人のことはどうでもいい。
タイトルとURLをコピーしました