宗教

【本要約】世界がわかる宗教社会学入門 ( 橋爪 大三郎 )

古代中国の正統思想である儒教、それと相補完的な関係にある道教に、仏教を加えた儒教・道教・仏教の三教合一の思想が、遣唐使を通じて、日本に伝わり、日本の正統思想となった。
資本主義

日本人はなぜ包茎を恥ずかしがるのか?

元々は何もないところから「恥ずかしい」というイメージを作り上げることで、人々に価値観を広め、刷り込んでいくことで、商売とする手法である。メディアが作り上げた幻想である。

【本要約】世界は宗教で動いている ( 橋爪大三郎 )

【本要約】世界は宗教で動いている ( 橋爪大三郎 ) 2021/11/11 宗教 世界を読み解くには、宗教が最大の補助線になる。 ヨーロッパ人もインド人も中国人も、当人たちは意識していなくても、長い歴史を経たキリスト教、ヒンズー教、...

【本要約】自由になるための技術リベラルアーツ 〜 スピンオフ 〜 宗教

イノベーションを生み出す力とは、未来を想像することである。 イノベーションが、アメリカ人は得意で、日本人は得意ではない。「それはなぜか」と言えば、アメリカには「神」がいるからだ。
宗教

人生の迷子

私たちは、よくわからないことが多い。 愛とか人生とか、定義もなく、目に見えるわけでもない。 だから、誰かに教えて欲しい。有史以来、哲学でも、答えが出てないから、みんなずっと悩み続けている。

【本要約】「宗教」で読み解く世界史

人間は、個人・部族・民族の単位ではバラバラな存在だが、宗教によって思考や思想を共有し、ひとつの価値理念に向かって協働することができる。宗教の持つ協働作用は、人々を統合するだけでなく、他勢力を取り込むためにも利用された。
宗教

厄年の存在意義

厄年は、何のためにあるのか?厄年という英語はない、厄年は日本の文化である。厄年は、幸福を実感するためにある。

【本要約】マインドフルネス

マインドフルネスは、自分の内面に意識を向け、思考や感情や行動について、解釈や良し悪しの判断をせずに、ただ観察するための方法である。自分の呼吸だけに意識を集中させ、雑念が浮かんだら、再び呼吸に意識を向ける。
宗教

「宗教とは何か?」という答え

宗教は、神という絶対的存在を定義することで、神の教えである聖書に従って、人生を歩むことが目的ではない。宗教とは、怪しいモノではなく、客観性を人間にもたらした存在である。

【本要約】なぜ今、世界のリーダーは東洋思想を学ぶのか

【本要約】なぜ今、世界のリーダーは東洋思想を学ぶのか 2021/9/30 概要 現代は、経済成長が停滞し、モノが余る時代だ。今はモノが売れない時代であり、人が何を欲しているか、わからない時代である。企業だけでなく、ユーザー自身も自分が...
タイトルとURLをコピーしました