宗教

社会

国教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。国を絶対的なものとして信じている。それは、国教を信仰していることだ。
社会

常識教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。常識を絶対的なものとして信じている。それは、常識を信仰していることだ。
健康

健康教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。健康を絶対的なものとして信じている。すべての人が、「健康でありたい」と願っていると思う。それは、健康教を信仰していることだ。
社会

学校教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。学校を絶対的なものとして信じている。それは、学校教を信仰していることだ。
知識

お金教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、『宗教』という。お金を絶対的なものとして信じている。それは、『お金教』を信仰していることだ。
幸福

幸福の時間

世界では、いつでも、美味しい食事と酒が手に入る訳ではない。だから、その二つを、十二分に堪能できる日本では、ただ、それだけで、幸福を得ることができる。
宗教

【4/8はお釈迦様の誕生日】人は社会性の生き物

王子様なのに、山の中で、ひきこもりはじめた→釈迦 宮殿で暴れたり、罪人や売春婦と仲良くして、処刑された→キリスト 瞑想していたら、神の言葉が降りてきたから、仕事辞めて、神を布教した→ムハンマド
世界一周

そうだな、例えば、宗教は、ジビエ肉のようなものか?

日本において、焼き鳥屋ほど、サラリーマンから、意中の女性まで、無難な店でもない。女性は、戦略かどうかは知らないが、「焼き鳥好き」とか言ったりするし、「焼き鳥好き」という女性に好感を持たない男性はいない。
宗教

新宗教論

「『宗教』って、なんだかよくわからない、怖いし近寄りたくない」という思想の原点は、歴史から紐解ける。今、我々が持っている、『常識』という名の価値観は、歴史によって作られたものであるから、将来に於いて変容する。
宗教

【本要約感想】完全宗教マニュアル

宗教の思想は、死後の世界を現世に転換したものである。「死後の幸福のためには、現世で何をすればいいか?」ということである。現世で、お祈りしたり、断食したり、修行したりして、死後の幸福を祈る。それが宗教であり、宗教の思想である。
タイトルとURLをコピーしました