幸福

幸福

幸福の定義

幸福は、その最中にいる時に、気付かなければ、享受することができない。幸福とは、「今、幸福だ」と認識することで得られる。
社会

これからの娯楽の定義

湯浅が家を欲しないように、子どもを欲しない夫婦も増えてきた。湯浅のとっての家のように、興味がないのかもしれない。子どもは、お金がかかるからかもしれない。それは、わからない。
幸福

笑顔と魔法

手を振るだけで笑顔にさせる魔法である。 人を笑顔にする魔法は、赤ちゃんの時にしか使えない。どんな世代の人も手を振って笑顔になる魔法が使えたなら、世界はもっと平和だ。自分で何もできない赤ちゃんに、神が与えた魔法である。
仕事

アルコール0.5%という世界

アルコール0ならジュースでいい。アルコール0ならビールでなくていい。求めているのは、ビール味ではない。アルコールが入っているからビールなのだ。
幸福

自己知という世界

自分のことを「コミュ力が低い」とおもっていた。コミュ力は、低くない。初対面の人とのコミュ力が低いだけだった。苦手な部分は、目に付きやすい。得意な部分は、無意識で気付かなかったりする。

【本要約】心の安定について

死への恐怖の乗り越えかたは、死への興味である。死からも学ぼうとする姿勢である。人は、何事も軽くみるようにし、心を楽にして、物事に耐えるべきである。人生を嘆き悲しむより、笑い飛ばした方が人間的である。
幸福

幸福の時間

世界では、いつでも、美味しい食事と酒が手に入る訳ではない。だから、その二つを、十二分に堪能できる日本では、ただ、それだけで、幸福を得ることができる。

【本要約】人生の短さについて

多忙は人間から有意味な時間を奪い、人生を浪費させて、短くしてしまう。われわれは「人生が短い」と嘆くが、それは、われわれが時間の無駄使いをしているからに他ならない。多忙な生活から離れ、時間を有効に活用する術を知ることによって、われわれは人生を長くすることができる。
幸福

幸福度+

テーブルで、昼飯食べてたんだけど、天気が良かったから、ベランダに昼飯持っていって食べたら、めちゃくちゃ美味しかった。 同じ昼飯なのに。家の中で、ほんのちょっと、場所を変えただけなのに、ご飯が美味しくなった。
幸福

子どもの養育についての思考

人はなんで子どもを養育するのか?本能もある。子ども養育するという本能がなければ、人類はこれほどまでに繁栄していない。でも、子どもの養育の本質は、楽しいからだ。
タイトルとURLをコピーしました