悩み

悩み

【重要】問題解決へのアプローチ大全

私たちは問題が生じた時に、すぐに解決方法を考える性質がある。しかし、その方法では解決しないから、私たちは悩み続けている。「 解決法を考える 」というスタイルではない、問題に対しての新しいアプローチ方法の提案である。

【本要約】人生の授業

自分がどうにかできる問題には力を注ぎ、どうにもできないものは、放っておく。人は得てして、自分ではどうにでもできないものに囚われてしまい、思い悩んでしまう。

【本要約】スマートノート

私たちは「 わかる 」ことより「 知ってる 」ことの方がずっと多くなるから「 わかる 」ことをあきらめる。経験する前から、その存在を「 知っている 」。いつの間にか私たちは「 わかる 」ではなく「 知る 」ことを求めるようになっている。
知識

わかる快楽

「 わかる 」という感覚は、進化の過程で、獲得した、快楽である。 突然変異で生まれた「 わかる 」だけで快楽を得る人が、生存に優位だった。
湯浅

黒ゴマアイスが好きという不合理

体験的価値は、知識に勝る。どんな知識も、体験的価値の前では、無力だ。誰も、自分の体験には、嘘は付けない。「 美味しい 」という感情を、知識で「 ポリシーと違う 」と言っても、意味がない。
悩み

問題の解き方の提案

「 自分が子どもの頃に会いたかった教養のある大人 」ってどういうことだろうか?新しい視点を与えてくれる存在かもしれない。そう、例えば「 問題の解き方は、答えを出すことだけじゃなくて、問題文を変更することもできるよ 」というような視点である。
幸福

私の幸福論

幸福を、難しく考え過ぎなのだ。メディアやSNSによって、金持ちとか、美人とか、イケメンとかじゃないと「 幸福になれない 」と思っているのは、他人に植え付けられた幸福である。幸福は、自らに宿るのだ。
知識

何もしないことをする

私たちは「 時間がもったい、時間が足りない 」と感じている。私たちは、できない、「 何もしない 」ということができない。

【本要約】評価経済社会 ( 岡田斗司夫 )

「 考える 」という行為自体、必ず「 学んだ言葉 」を使うことが前提だ。 「 学んだ言葉 = 誰かが使った言葉 」である。 言葉を模倣し、使いこなすことを、私たちは「 考える 」と呼んでいるに過ぎない。
悩み

問題の解き方ではなく、捉え方

感情に蓋をすることで、問題を事実・出来事として捉えることができる。事実を観察し、分析し、本質を見出し、的確な対策を立てることができる。問題の捉え方 = 問題 − 感情 + 俯瞰
タイトルとURLをコピーしました