旅と旅行の違い

私にとっての旅と旅行の定義、私にとっての旅。

【本要約】旅の効用〜人はなぜ移動するのか

モノがなければ、「モノを持たなければいけない」と考えることもないし、モノを持って喜ぶこともない、そもそも、「モノが欲しい」とさえ思えない。旅には、モノのことを考えないでいい生活がある。モノは、いつか壊れて失われる。
世界一周

憧れの存在と自分と

「憧れ」とは何か?自分にはできそうにないことを容易くやってしまう存在である。自分の想像以上の存在である。自分から見ると超人的な存在である。
世界一周

後悔が存在しない世界

すべては考え方次第でしかない。 そうすると、後悔は存在しない。 後悔しても、過去に戻ることはできない。 後悔して、「もし」の現在をシュミレーションしても、今は変わらない。 それはもう、時間の無駄でしかない。

人は不確実性にハマる法則

湯浅の「旅して生きていきたい」は、誰かの「ゲームして生きていきたい」だった。

出かけたいけど「どこへ行きたいか」わからない問題に対する回答

「どこかへ出掛けたい、でも、どこか特定の場所に行きたいわけじゃない。目的地がハッキリしているわけではない。」 というような時がある。「休みだから、出掛けたいけど、どこへ行こうか?」問題である。

お金に対する認識の変化 〜 一生旅人

「一生旅人」という生き方である。そのために、必要なのが、お金である、資産である。安心して「一生旅人」できるなら、お金はいらないのかもしれない。

仙台という街 〜 俺が仙台を好きになったワケ

商売人は、目の前の利益を捨てて、見えない商品を俺に渡した。信用という商品を渡した。目に見えない商品である、しかし、とても価値のある商品だ。

言葉は、生き物である。

言葉は、人を殺しもする、人を生かしもする。だから、言葉は、生き物である。殺人ができるのは、自殺に追い込めるのは、言葉が生きているからだ。逆に、言葉によって、たったひとつの言葉で、生きる希望となることもある。

創造は想像の産物

人間は、なんで2本しか腕がないんだろう。神様みたいに腕が4本あったら便利なのに。
タイトルとURLをコピーしました