映画

映画

【映画感想】(ネタバレなし)「俺は、君のためにこそ死ににいく」

教育によって、人は造られる。だから、その時代の教育によって、その時代のジョーシキによって、造られた自分は「死=正義」に、違和感を保てただろうか?
映画

【映画】楽園

当たり外れがある方が、おもしろい。ただ、外れた時に、その外れを受容して、見るのをやめることが大切なのだ。違和感という直感だけで、自己否定と期待の放棄をする。
映画

【映画感想】ソロモンの偽証〜ネタバレなし[2/2]

個人個人に正義がある。誰も間違っていない。正義とは、そもそも、共通の価値観ではなく、個人の価値観である。 その正義が、正しかったどうかは、未来から過去を振り返った時のみに判断される。
映画

【映画感想】ソロモンの偽証〜ネタバレなし[1/2]

愛とは、相手のことを知りたいということだ。家族を作って子どもを育むのは、自分が生物として機能しているのか、知りたいのだ。世界一周は、世界を知りたいだし、海外移住は、海外生活を知りたいだ。
映画

映画はハッピーエンドがいいが、バッドエンドがいいか?

湯浅は、映画を、娯楽と捉えていない。だから、バッドエンドの方が、いい。バッドエンドは、思考を生む。映画を、「おもしろかったなー」で終わらせない。「なんで、みんな幸せにならなかったんだろう?」そこに映画の本質がある。
投資

惰性という生き方

暇など、存在しない。 惰性で生きるほど、時間はない。 惰性だなとおもったら、止める。 惰性だなとおもったら、変える。
映画

【映画感想】世界で1番悪い奴ら

警察の腐敗と隠蔽のリアルと、シャブの破壊力が刻まれた作品である。
映画

【映画】否定と輪姦

この映画の加害者の名前は、実名である。この映画は、被害者の復讐の1つである。15歳で輪姦されて、親も、警察も、何にも守られなかった少女の復讐劇である。リアルだからこそ、全てがある。
映画

【映画感想】ショーシャンクの空に

この映画は、『信用の重要性』と、『塀の中で呑むビールの旨さ』と、『圧倒的努力』がもたらす結果と、それ以外の様々なドラマも含めて描いた、名作である。
映画

モノゴトを分析する

なんだかよくわからない事象を、分析するときは、わかりやすい事から、全然反対の事から、言語化していく事で、モノゴトは可視化される。
タイトルとURLをコピーしました