【本要約】「超」入門失敗の本質

目的達成につながらない行動や努力は、意味がない。目的達成につながる行動や努力を選別しなければならない。それが戦略である。戦略を実現する方法が戦術である。優れた戦術でも、目的達成につながらなければ意味がない。戦略の失敗は、戦術で補えない。

『ホモ・デウス』からの思考(5) 〜 人間の不平等化

" 人間と人間が平等な現代 " から、" 人間と人間に優劣が付けられる新時代 " への変遷が起きる。" 人間の命の重みが平等でなくなる新時代 " が到来する。

『ホモ・デウス』からの思考(4) 〜 AIが人間より上の存在へ

AIが経済的価値を生み出すならば、多くの人間は必要でなくなる。国は、人々の生活のインフラや医療に力を注ぐよりも、AIを高性能化する方が、経済的メリットが大きいことに気付いた。
資本主義

資本論という知識

労働者、損じゃん。資本家になるしかないじゃん。でも、労働者しかしたことないから、学校で習ってないから、資本家になりたいけど、なれる方法がわからない。

『ホモ・デウス』からの思考(3) 〜 働く意義

物質的な豊かさに興味がないならば、何を目的に働くのか?旅と女と酒のために、働くのだ。食べるためではない、生きるためではない、人生の娯楽を楽しむために働くのだ。

『ホモ・デウス』からの思考(2) 〜 世界的流行風邪の結論

家畜は、檻で囲われて、生活している。自由も娯楽もない。だから、家畜化するためには、自由を制限することだ。そして、娯楽を奪うことだ。世界的流行風邪は、人から自由と娯楽を奪った。

『ホモ・デウス』からの思考(1) 〜 義務教育の謎

学校では、「ルールによって行動を制限し、権威に従う」という思考を植え付けた。だから、我々は、ルールと権威に弱い。特に日本人は、権威が作ったルールに弱い。経済的有用に、社会の歯車として労働するように、教育されてきた。

本は知識もあれども、思考を生むか

本を読むのは、新しい知識の獲得である。「何かを知りたい」「学びたい」と思って本を読む。もう一歩、踏み込むと、本を読むのは、自分の思考を促すためにある。
YouTube

【本要約】SNSで人を集める

『〜のための〜の専門家』というコンセプトを可視化し、ターゲティングを明確化する。『誰にでもわかるようなキャッチコピー』で、他とは違う自分の商品・サービスの強みは何なのかを打ち出す。

ミシェル・フーコー監獄の誕生

ディシプリンとは、身体を管理することにより、従順な個人(機械)を作り出す技術である。規律・訓練によって、個人の身体を管理することで自動的に精神を支配しようとする。権力者の新しい統治の方法である。
タイトルとURLをコピーしました