【本要約】「甘え」の構造

ある国民の特性は、その国語に習熟することによってのみ学ぶことができる。国語はその国の魂に内在するすべてを含んでおり、それゆえに、それぞれの国にとって最上の投影法なのだ。

【本エッセンス】苦しかったときの話をしようか

自分の行動を変えようと決心したとする。その瞬間にマインドセットは変わっている。しかし、実際に行動が変わるかどうかは、身体という物理的な問題なのだ。

【本要約】いいひと戦略

いいひと戦略 = いっけん損に見える言動が、 実は長期的には利得になる。極端な話、腹の中は真っ黒でもけっこう。 最愛の人すら、いや自分さえ騙して「 いいひと 」 と思わせることが長期ベースではもっとも得になる。

『 いいひと戦略 』概要

『 いいひと 』戦略をやると、自分がイヤなひとであることがわかってきて、自分の行動が損だよなと気付く。実は『 いいひと 』戦略ではなく、イヤなひと戦略をしてきたことに気付く。

信念の奇跡

信念のある人間は、事柄に対して、病になろうが、運命が悪かろうが、良くなるも、良くならないも思ってない。信念の中には、否定も肯定もない。

【本要約】脳と人工知能をつないだら、人間の能力はどこまで拡張できるのか

科学は人間によって行われる営みであり、科学には理解が必要であると考えられている。人工知能は、人間が理解できないとしても、この世界を正しくモデル化することが可能だ。人工知能は、理解を経ることなく、人間の科学を超えてしまうかもしれない。

【本要約】言語起源論の系譜△

「 言語は自然か人為か 」古代ギリシアに見られる「 自然 」と「 取り決め 」の対立がある。

【本要約】なぜヒトだけが言葉を話せるのか

言語によるコミュニケーションは、字義通りの意味だけではない。字義通りの意味は、話し手の意味を理解するのに役立つものではあるが、話し手の意図ではない。

【本要約】言語学講義

「 わかる 」や「 覚えている 」ことには、感情が関与している。人工知能が人間と同じ仕組みで知能を持つことは困難であり、現実的には必要ないかもしれない。

【本要約】言語の起源△

人類が「 突然の跳躍 」によって独自の言語的特徴を得たわけではなく、現代人類に先行する種がゆっくりと着実に発展して言語を手に入れた。
タイトルとURLをコピーしました