【本要約】武器になる哲学4 〜 他人

私という個人は、分かった後と前では、違う人間になる。なぜなら、昨日の自分では、わからなかったことが、今日の自分は、わかったからだ。「わかる」ということは、「かわる」ということである。

【本要約】武器になる哲学3 〜 人間

悪事は思考停止した凡人によって為される。悪とは、システムを無批判に受け入れることである。

【本エッセンス】仕事は楽しいかね

試してみることに失敗はない。人は変化は嫌いだが、試すことは好き。

【本要約】武器になる哲学2 〜 思考

「無知の知」とは、知らないということを知っている。「自分は知らないのだ」という認識が、学びのきっかけであるからだ。

はじめる前に止めること

何かをはじめるときには、やめることを決心することだ。やめなきゃ、はじめられない。

【本要約】武器になる哲学1 〜 哲学 = 教養

難しいのは、新しい考え方・動き方を始めることではなく、古い考え方・動き方を批判的に捉えて、これを終わらせることだ。
★重要

ポジティブシンキングの作り方2/2

ネガティブな思考は、モノゴトを逆の視点で見ることで、ポジティブに転化できる。

ポジティブシンキングの作り方1/2

「失敗」は「自分が認識していない問題の発見だ」と置き換える。失敗を「ミス」とか「間違いだ」と捉えるから、ネガティブになる。しかし「問題の発見だ」と捉えるとポジティブに変化する。

人はどういった生き物なのか?

本は、いろんな知識や、いろんな歴史や、いろんな経験を、さまざまな形に切りとって、「行動せよ」と伝えてくる。

【本要約】法則のトリセツ

人間の脳はイメージしたことなのか、体験したことなのかを判断できない。だから、自分の成功した姿をありありと思い描くことで、脳に信じ込ませることができる。
タイトルとURLをコピーしました