歴史

歴史

ヒューマニズム 〜 岡田斗司夫解説

ヒューマニズムは、人文主義である。非人間には、人間に消費される権利しか認めない。非人間であるイルカも、クジラも、犬も、猫も、殺しても食べても構わない
資本主義

日本人はなぜ包茎を恥ずかしがるのか?

元々は何もないところから「恥ずかしい」というイメージを作り上げることで、人々に価値観を広め、刷り込んでいくことで、商売とする手法である。メディアが作り上げた幻想である。

【本要約】お金の正体

貨幣は納税のために発行されたツールである。国家は、貨幣が好きで、経済は貨幣で統一し、精神はお祭りや宗教で統一しようとした。
知識

哲学と科学

私たちは、なんでもわかった風な顔をして、なんでもわかった気がしているけど、科学で証明されていることなんて、ほんの一部で、この世界のほとんどが謎だらけなのだ。そう、今、ここに在る意識という存在も。

【本要約】自由になるための技術リベラルアーツ 〜 スピンオフ 〜 宗教

イノベーションを生み出す力とは、未来を想像することである。 イノベーションが、アメリカ人は得意で、日本人は得意ではない。「それはなぜか」と言えば、アメリカには「神」がいるからだ。
宗教

人生の迷子

私たちは、よくわからないことが多い。 愛とか人生とか、定義もなく、目に見えるわけでもない。 だから、誰かに教えて欲しい。有史以来、哲学でも、答えが出てないから、みんなずっと悩み続けている。
健康

痩せ過ぎて、心配される問題

「人より得意なことをやる行為」だったことを「命令されてやる作業」に、任事を仕事に変えた。任事は得意なことをやる行為から、支配者の命令を聞いてお金を稼ぐ手段の仕事へと転落した。

【本要約】自由になるための技術リベラルアーツ

日本では、世間が倫理基準となっていて「人に迷惑をかけない」ということが、最重要な行動規範となっている。思考停止の状態で、多様性を受け入れない価値観の現れが世間体である。
社会

問題の答えは正解ではない。

問題を解くことの先に答えはあるけど、その問題は自分が用意したモノではなく、誰かが用意したモノだった。

【本要約】時間は存在しない

時間はいつでもどこでも同じように経過するわけではない。 過去から未来へと流れるわけでもない。 物理学的に時間は存在しない。
タイトルとURLをコピーしました