歴史

【タルムード】『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』要約

ユダヤ人は、タルムードを学ぶことによって、世界中の誰よりも人間の本質を知り尽くしている。人間の本質を知り尽くした人に金が寄ってくるのは当然である。金は人間が作り出したモノだからだ。

【本要約】武器になる哲学8 〜 自由

自由とは、自分自身で選択肢を作り出し、決定することだ。現代に生きる私たちは、無条件に「自由をよいものだ」と考えている。本当に自由は良いものなのか?

【本要約】武器になる哲学7 〜 イノベーション

「未来はどうなるか?」ではなく「未来をどうしたいか?」である。「未来というのは、予測するモノではなく、ビジョンとしておもい描くモノだ」という考え方である。

【本要約】武器になる哲学6 〜 組織

人生の転機は、何かがはじまるのではなく、何かが終わる時期である。何かが終わることで、はじめて何かがはじまる。

【本要約】武器になる哲学5 〜 経済

資本市場は、人間が作り出したモノだが、これを制御できる人間はいない。制御できないどころか、どのような動きをするのか予測することもできず、人間が振り回されている。

【本要約】武器になる哲学4 〜 他人

私という個人は、分かった後と前では、違う人間になる。なぜなら、昨日の自分では、わからなかったことが、今日の自分は、わかったからだ。「わかる」ということは、「かわる」ということである。

【本要約】武器になる哲学3 〜 人間

悪事は思考停止した凡人によって為される。悪とは、システムを無批判に受け入れることである。

【本要約】武器になる哲学2 〜 思考

「無知の知」とは、知らないということを知っている。「自分は知らないのだ」という認識が、学びのきっかけであるからだ。

【本要約】武器になる哲学1 〜 哲学 = 教養

難しいのは、新しい考え方・動き方を始めることではなく、古い考え方・動き方を批判的に捉えて、これを終わらせることだ。

【本要約】道をひらく

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。他の人には歩めない、自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのない道がある。
タイトルとURLをコピーしました