湯浅

仕事

人が嫌がる仕事

人から嫌だなと思われる仕事。「ルールは絶対だ」という思想がないとできない仕事。湯浅は人から嫌だと思われるような仕事だけは、したくない。
社会

国教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。国を絶対的なものとして信じている。それは、国教を信仰していることだ。
社会

常識教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。常識を絶対的なものとして信じている。それは、常識を信仰していることだ。
健康

健康教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。健康を絶対的なものとして信じている。すべての人が、「健康でありたい」と願っていると思う。それは、健康教を信仰していることだ。
湯浅

科学教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。科学を絶対的なものとして信じている。それは、科学教を信仰していることだ。
湯浅

リビングの最適解

何もないリビングこそ、至高である。必要なときに、必要なモノだけ、テーブルの上へ置く。「何もないリビングという答え」 「思考の妨げとなるモノがないという答え」それがリビングの最適解である。
湯浅

会うことの価値

ミニマリストは、モノが少ない人達だ、モノが少ない方が暮らしやすいという人達だ。湯浅も、ミニマリストの一人だ。物欲はほぼない。生きていくのに必要なモノだけあればいい。
仕事

仕事教

世界に絶対などない。何かを絶対的に信仰することを、宗教という。仕事を絶対的なものとして信じている。仕事をしなければならないと、信じている。それは、仕事教を信仰していることだ。
税金

ルールは正しい?ルールは絶対?

ルールを守った人は、国民の税金から、お金を得る。ルールを破って、国民の税金から得るお金を放棄し、自分で何とか生活する。ルールを守ることが正しい?
お金

自己知という人生

やったことがないことをやることで、自分のことがわかる。結果がどうのこうのではない。やった結果、失敗してもいい。" 自分ができないことがわかる " ということが、重要だからだ。
タイトルとURLをコピーしました