湯浅

悩み

不安は必要である、不安は行動のエネルギーだ

不安は、行動のエッセンスである。不安という感情によって、行動が促される。感情は、膨大なエネルギーである。

私たちはモノゴトを客観的に見ることはできない

私たちは、客観的視点で判断しているようで、結局は、自分というバイアスがかかる以上は、主観的視点でしか判断できないのだ。

人工知能に奪われない未来

今、人間が人工知能に優っていることは、言葉を自由自在に使うことだ。人間が、言葉という武器を操り、進化させることをやめたとき、人工知能が、人間の能力を上回る未来が到来する。
仕事

仕事の本質とは?無職が1年間考えた結論

仕事の本質は「何になって、何をするか」よりも「どういう風に自分が考えて、自分がどうする」っていう答えだった。

「世界の歩き方」を見て泣いた日〜スピンオフ

「男の人が化粧している、非常識だ」じゃなくて、「何で化粧しているんだろう?」話しを聞いてみたい。「どういう考えが、化粧に結び付いたんだろう?」という視点である。
仕事

「起業したい」ではなく「起業しなければならない」という答え

試した結果、得意だったり、好きだったり、興味があったりしただけだ。試したから判断できた。試さないと判断できない。

「世界の歩き方」を見て泣いた日

行きたすぎて泣いた。まだ行ってない未知の島へ、行きたすぎて泣いた。図書館で見つけて、パラパラとページをめくっていたら、涙が溢れてきた。
湯浅

「どっちが美味しい?」ではなく「どちらも美味しい」という価値観

すべてのものには「順番がある」と思っていた。1本の軸があって、そこに「何でも順番に並んでいる」と思っていた。

思考停止の罠 〜 誰かの思惑に向かって生かされている現代の大衆

大衆はメディアによって、自分自身を変化させられているのだ。自分の意思ではなく、自分の無意識に、誰かが望むように。
社会

すべては幻想の産物〜正しいも間違いも存在しない

" みんな " は存在しない。" みんな " は、概念である。私たちの個人集まりを " みんな " と呼んでいるだけだ。本来は、個人しか存在しない。
タイトルとURLをコピーしました