知識

知識

「 甘え 」から見る日本社会

西洋では、夫婦・親子は身内でありながらも個々が独立しているので、甘えのある態度を取らない。「 言わなくてもわかるだろう 」という甘えはない。「 おはよう 」「 ありがとう 」「 愛している 」といった表現は、身内にも常識である。

【本要約】「甘え」の構造

ある国民の特性は、その国語に習熟することによってのみ学ぶことができる。国語はその国の魂に内在するすべてを含んでおり、それゆえに、それぞれの国にとって最上の投影法なのだ。
知識

仕事と旅の相関についての発見

世界は「 どのようにできているか 」は、私にとって「 どうでもいい 」ことである。私にとって、世界が「 どのように見えていて 」、私が「 どのように認識しているか 」だけが重要である。
知識

失敗のポジティブ化戦略

人は、失ったモノに目を奪われやすいように設計されている。「 失った 」と感じるモノは、自分が大切にしているモノだから「 失敗した 」と感じるのだ。失ったモノよりも得たモノに目を向ける。
宗教

自己について

体の機能を意識してしまうのは、無我夢中になっていないからだ。完全集中のフロー状態になっているときが私の本質である。 体のことを気にしない、心で考えていない。体や心から、自由になった状態が私である、自己である。
社会

新しい世界の扉

資本主義社会は、人々の無限に湧く欲望が前提となっているが、現代は人々の欲望が無限に増殖していくことに対して、疑問が持たれる時代になってきている。

【本要約】いいひと戦略

いいひと戦略 = いっけん損に見える言動が、 実は長期的には利得になる。極端な話、腹の中は真っ黒でもけっこう。 最愛の人すら、いや自分さえ騙して「 いいひと 」 と思わせることが長期ベースではもっとも得になる。
社会

人を嫌う論理

事前に何らかの情報があって、その情報を元に私が価値判断をしている。その「 価値判断という前提 」と 「 現実の事象 」が異なった時に、心の中で「 話が違うじゃないか 」となって嫌いになってしまう。
知識

迷ったときの対応

迷っているときは、頭の中でいろんなことが、ゴチャゴチャになっているだけだ。書き出してみると、実は、そんなにたくさんのことがあるわけではない。私たちは、一度に複数のことを同時に考えられない。
知識

私の本質

科学がすべてじゃない。私たちは小さな頃から学校教育で科学を学んできたから、科学が絶対的なものだと思い込まされているだけだ。学校教育による洗脳である。
タイトルとURLをコピーしました