社会

【本要約】問題発見力を鍛える

問題を解決していくには、問題を適切な形で " 発見 " して " 定義 " する必要がある。問題とは、身の回りの事象や私たちの頭の中に生じている歪みであり、ギャップであり、それを変数で記述することである。

私たちはモノゴトを客観的に見ることはできない

私たちは、客観的視点で判断しているようで、結局は、自分というバイアスがかかる以上は、主観的視点でしか判断できないのだ。

人工知能に奪われない未来

今、人間が人工知能に優っていることは、言葉を自由自在に使うことだ。人間が、言葉という武器を操り、進化させることをやめたとき、人工知能が、人間の能力を上回る未来が到来する。
仕事

仕事の本質とは?無職が1年間考えた結論

仕事の本質は「何になって、何をするか」よりも「どういう風に自分が考えて、自分がどうする」っていう答えだった。

【タルムード】『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』要約

ユダヤ人は、タルムードを学ぶことによって、世界中の誰よりも人間の本質を知り尽くしている。人間の本質を知り尽くした人に金が寄ってくるのは当然である。金は人間が作り出したモノだからだ。

【本要約】武器になる哲学8 〜 自由

自由とは、自分自身で選択肢を作り出し、決定することだ。現代に生きる私たちは、無条件に「自由をよいものだ」と考えている。本当に自由は良いものなのか?
仕事

「起業したい」ではなく「起業しなければならない」という答え

試した結果、得意だったり、好きだったり、興味があったりしただけだ。試したから判断できた。試さないと判断できない。

【本要約】武器になる哲学7 〜 イノベーション

「未来はどうなるか?」ではなく「未来をどうしたいか?」である。「未来というのは、予測するモノではなく、ビジョンとしておもい描くモノだ」という考え方である。
湯浅

「どっちが美味しい?」ではなく「どちらも美味しい」という価値観

すべてのものには「順番がある」と思っていた。1本の軸があって、そこに「何でも順番に並んでいる」と思っていた。

【本要約】武器になる哲学6 〜 組織

人生の転機は、何かがはじまるのではなく、何かが終わる時期である。何かが終わることで、はじめて何かがはじまる。
タイトルとURLをコピーしました