社会

歴史

ヒューマニズム 〜 岡田斗司夫解説

ヒューマニズムは、人文主義である。非人間には、人間に消費される権利しか認めない。非人間であるイルカも、クジラも、犬も、猫も、殺しても食べても構わない
資本主義

日本人はなぜ包茎を恥ずかしがるのか?

元々は何もないところから「恥ずかしい」というイメージを作り上げることで、人々に価値観を広め、刷り込んでいくことで、商売とする手法である。メディアが作り上げた幻想である。
社会

ゲーム拡張

すべてのモノゴトをゲームとして、捉える。ゲームとは、ルールがあって、勝敗の決め方があって、時間や条件の制約があって、勝負を付ける。
社会

人それぞれの価値感

周りは、自分と違う価値観で、埋め尽くされている。私たち人間は、本質的には、自分のこと以外に興味がない。他人にイラッとすることは、自分の得意なことである。
社会

赤ちゃんの笑み

私たちは、生まれたとき泣いた。 そして、そのあと、笑うようになった。 私たちは、不快なときに泣いて、あとは、笑っていた。 この世界のすべてを笑って受け入れていた。
社会

価値観の多様性

犬を飼っている人は「犬は家族だ」と言う。でも、犬を連れて、店内に入れない。子どもがいる人は「子どもは家族だ」と言う。だから、子どもを連れて、店内に入れる。
社会

文化という固定概念

小さな頃から長年に渡って無意識にまで刷り込まれた文化は、意識的に変えようとしても、そう簡単に変えられるモノではない。
社会

差別と区別

私たちの価値観・固定観念・常識といった思考の源流となるモノは、私たちが成長していく過程で得た概念や知識は、すべからく、自己の自由意志によって得たモノではない。
社会

男女差の結論

男女差の結論 2021/11/15 女性 女性は、噂話が好きだ。 自分の身の回りの出来事を話題にして話す、自分がメディアから得た情報を元に話す、自分が他人から得た話しをネタにして話す。そして、そこで、共感を得る。そこに必要なのは...

【本抜粋】Chance ( 犬飼ターボ )

ビジネスを作るということは、自分ではなく、他人に働いてもらうことである。自分が好きどうかは重要ではない。
タイトルとURLをコピーしました