脳科学

知識

バグった世界へ〜未来の創造

脳の設計が、バグっている人は、不変を恐れない。それどころか、不変を好む人もいる。だから、世界と波長が合う。世界と波長が合うから、稼ぎもバグる。
湯浅

歩く速度は、思考の速度

脳こそ扱いが難しい。それは脳が身体の王だからだ。でも、欠陥がないことなんてない。脳を使い過ぎると、他の機能が低下するように。
脳科学

脳について

頭の中で、イメージしておけば、脳が99%のこれまで捨てていた情報から、そのイメージに必要な情報を集めて取っておくようになる。お金持ちになることをイメージしておけば、脳が勝手に、お金持ちになる情報を捨てなくなる。
湯浅

【引越し】荷物の減らし方

はじめから、諦めていたら、叶わないということであり、叶うと強く信じていたら、叶うということであるの人の思い込むパワーの偉大さは、人智を超えるパワーを持つ。
宗教

成功への道

人は死ぬときに、やったことにフォーカスするのではなく、やらなかったことを後悔するという、後悔なき人生への道は、挑戦し、失敗し、自分を否定し続けることから開かれる。
湯浅

イメージというリアル

脳は99%の情報を捨てている。だから、自分の脳に叶えたいイメージを刷り込むと、脳の情報取捨選択システムが変わってくる。脳が、これまで捨てていた情報の中から、イメージを叶えるための情報を残すようになる。
仕事

脳の仕組み~無意識の活用

人は無意識化でも、モノゴトを、考えている。無意識化での思考を活用するテクニックがある。それは、仕事や作業など、クリエィティブなことを、中途半端な状態で、一時中断する。キリのいいところまで、やるのではなく、キリの悪いところで、止めるのである。
行動経済学

【行動経済学】世界は感情で動く

人は自分のことを「合理的に行動している」と考えているが、人は脳や感情に支配される生き物だから、全然、合理的に行動できない。
湯浅

脳にとって、苦痛と恐怖心は同じである

【脳の仕組み】脳は、物理的な苦痛と恐怖心の区別が付かない。脳は、習慣化されていることに、意識や神経を向けない。
脳科学

「何を書いていいかわからないなら、とりあえず書いてみる」という思考

「何を書いていいかわからないなら、とりあえず書いてみる」書いたら、わかる。書くことでしか、自分が何を考えているのか、正確には、わからない。書くことで、自分が、わかる。
タイトルとURLをコピーしました