脳科学

脳科学

デートするときに、映画に行くのはなぜか?〜脳科学が証明

デートで映画に行く理由である。映画は、2時間という限られた仮想世界である。仮想世界の映画の中のキャラクターに心情が重なって泣くのは、仮想世界に臨場感を感じているからである。"映画館という現実世界"と"映画の中の仮想世界"という空間を共有すると親近感が生まれる。
脳科学

世界を公式化する〜人生のワンピースを見つけた

世界は、人間は、数学みたいに、バシッと公式に当てはまらない、あやふやなもんだなと諦めていた。人間は、曖昧な部分も多いけど、脳の仕組み上の公式に、当てはまってる部分もある。それは、自分の求めていた人生の答えの1つだった。

現代の合法的略奪~スマホ依存で失われるお金以上の価値

現代の僕らは、スマホに時間を奪われている。スマホを触っていて、気が付けば、数時間過ぎていたことなんて誰しも経験があるに違いない。スマホのアプリは、脳科学を利用した、"世界トップクラスのハイテク企業の英知の結晶"である。僕たちが、スマホ依存に、抗えるはずがないのだ。
脳科学

自販機を分析する~人は100%絶対に非合理的な行動をする

自販機から見る、人の合理的でない行動、その原因は脳にあった。脳は合理的でないから、人は合理的に行動できないのだ。そして、" 脳を合理的 " に改善することはできない。
脳科学

脳科学~すべての学問は脳科学に通ず

脳科学という聞きなれない言葉。脳とは、すなわち、人間の思考を司るところなので、確かに、人間のすべての行動は、脳からはじまる。脳科学は、すべての学問の中心にあるといっても、納得である。

範馬刃牙vs範馬勇次郎の真実~人間は”意識する0.5秒前に、95%行動している”という科学的事実

大人気漫画刃牙シリーズ。地上最大の親子喧嘩、頂上決戦である範馬刃牙vs範馬勇次郎の中で、最新の脳科学の知見が利用されていた。それは、「人は意識して意思決定をしたと考える0.5秒前に、脳は既に意思決定を行い命令を出している。」と言う事実である。

【最適化の習慣】明日から実践できる16選

本を読んで得られた様々な知識や、実際に自分で実践して効果のあったものをまとめた、誰でもすぐにできて効果がある行動16選。行動して、習慣化するとこで、脳のパフォーマンスが最大化され、日々の生活を快適に過ごすことができる。
投資

『ノーベル経済学賞受賞”心理学者” VS ノーベル経済学賞受賞”経済学者”』勝者は心理学者と言う皮肉

ノーベル賞は、合理的な素晴らしい賞である。どんなに優秀な人だって、どんなに素晴らしい理論だって、そう、それがノーベル賞受賞者の、ノーベル賞受賞の理論だって、非合理な感情の前では、意味をなさない。感情とは、人とは、いかに、非合理的なものだろうか。

ビジネスは脳科学~AI、投資、マーケティングは、すべて、脳科学へ収束する

脳科学への興味のはじまり。AIの経験、投資の勉強を通して、ビジネスは脳科学に収束することに気付く。脳科学の本を買って、勉強をはじめると、これまでの自分の人生の違和感の正体を突き止める。それはホメオスタシスである。これをきっかけに、脳の世界に引き込まれていく。
お金

脳と幸せの仕組み~お金と労働とストレスと幸福と

自分の幸せについて、深く考える。お金のこと、仕事のこと、ストレスのこと。そして、人間を司る脳に行き着いた。脳科学の知識を使って、幸せになるための方法とは?
タイトルとURLをコピーしました