食への飢餓か?食への興味か?

食は、ドラッグである。だから、生活習慣病という病気になるまで、食べ続けてしまう。
湯浅

知識欲

自分なんて不完全な生き物だ。だから、知識を付けて、少しでも、その不完全さを取り除いていきたい。
ダイエット

太りたくない = ダイエット = 健康に気をつける

ダイエットの答えは、健康に気を付けた生活をすること。健康とは、ただの知識の集合体である。健康に対する知識を詰め込めば、無意識に健康に気を付けた生活を送るようになる。

美味しい食事と健康 〜 マックを一番美味しく健康に食べる

マックの美味しい食べ方は、マックに買いに行って、お持ち帰りにして、誰かと公園で食べるだ。そして、公園は、緑があるので、それを無意識に見ているだけで、健康にいい。
湯浅

好きなことを好きなままで 〜 ブログの優先順位

本来は好きなこと、やりたいからやっていることが、義務化することによって、その価値を喪失する。やるのが面倒なことに転化してしまう。本末転倒だ。

料理はマインドフルネス

料理というクリエイティブに過集中することは、マインドフルネスの1つの形だった。マインドフルネスで、ストレスを軽減させていたのだ。
幸福

幸福の時間

世界では、いつでも、美味しい食事と酒が手に入る訳ではない。だから、その二つを、十二分に堪能できる日本では、ただ、それだけで、幸福を得ることができる。

うどんと人生と

「うどんが、美味しくて、幸せだなー」と感じて、翌日にも、「昨日のうどん美味しかったなー」と思い出して、そんな人生になるなんて思わなかった。だから、人生はおもしろい。
幸福

幸福度+

テーブルで、昼飯食べてたんだけど、天気が良かったから、ベランダに昼飯持っていって食べたら、めちゃくちゃ美味しかった。 同じ昼飯なのに。家の中で、ほんのちょっと、場所を変えただけなのに、ご飯が美味しくなった。

コレからの飲食業

インスタ映えである。コレからの飲食店の典型であろう。もはや、飲食店は、料理の味ではないのかもしれない。否、最重要は、料理の味ではないのかもしれない。料理の味は、どこでも、美味しいのは、当たり前の世界である。
タイトルとURLをコピーしました