私たちが走ることを止めたのはなぜか?

社会

走る

【本要約】モチベーション3.0
人間には、お金という報酬目的の傾向だけではなく、新しいこと・やりがいを求める傾向や、自分の能力を広げ、発揮し、探究し、学ぶ傾向が、本能的に備わっている。

2021/9/20

子どもは、いつも走っている。

どこかに向かって走っていることもある。
ただ走っていることもある。
どこかに向かって走っているのは、早くそこに着きたいという気持ちである。

子どもは、ポジティブに走る。

大人は走らない。
大人は歩く。

大人は遅刻しそうなときに走る。
大人は約束に遅れそうなときに走る。
大人は健康のために走る。
大人はジョギングというスポーツで走る。

大人の走るには、理由がある。
大人はネガティブに走るか、目的があって走る。

大人は、意味を求めてしまう。
大人は、何かを考えてしまう。

走ることに価値を付ける。

「ただ、走りたいから走る」という自分の衝動に駆られて、走ることはない。

「走りたい」から走ることをは止めたのはいつか?

学校で走らされたから。
走ることを強要されたから。

「走る」という自発的な行動だったのに、決められて、横に並ばされて、『よーいドン』と、走らされた。走りたくないのに、走らされた。競争したくないのに、走って競争することを強いられた。

そして、走ることをやめた。

自発的な行動が、他人に強制され、コントロールされることで、ただのやりたくないことに、めんどくさいことに、成り下がった。

そして、自発的な行動に、理由や目的や意味を見出す必要が生じた。

初めはそこに、何もなかった。
「ただやりたい」から「やっていた」だけだった。

そこに、規則や競争を持ち込んだ。
他人が決めた規則と、他人との競争が、自発性を殺した。

そして、自発性を殺されながら教育された大衆は、やりたくもないことに時間を注いで、人生を謳歌している。

やりたくもない仕事を人生の軸に置いて、過ごしている。仕事を言い訳にして、すべてのことを諦めている。それが大人だ。

自発的な行動をする、やりたいからやる。
やりたくないことは、やらない。
それを、人は、自由という。

一方で、規則と競争がなければ、「どうすればいいのか、わからない」という人がいる、自発的な行動がわからない人がいる、やりたいことがわからない人がいる、「不自由がいい」という人がいる。それが大衆だ。

大衆は「自由になりたい」と言いながら、不自由を求めている。矛盾の中で生きている。

自由には、孤独と強い意志が必要だ。
「自由であり続ける」という意志だ。
自由は、簡単じゃない。
でも、だからこそ、魅力的だ。

偽りの自由の中で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました