価値観の多様性

社会

価値観の多様性

2021/11/17

日本

  • 犬を飼っている人は「犬は家族だ」と言う。
    でも、犬を連れて、店内に入れない。
  • 子どもがいる人は「子どもは家族だ」と言う。
    だから、子どもを連れて、店内に入れる。

犬は、吠える。
子どもは、泣く、騒ぐ。

・「犬は家族だ」という価値観もある。
・「犬は動物だ」という価値観もある。
  • 犬を飼ったことがある人は「犬は家族だ」という価値観に同意するはずだ。
  • 子どもがいる人は「子どもは家族だ」という価値観に同意するはずだ。
  • 子どもがいない人は「子どもを家族だ」という価値観に同意するはずだ。
    自分も、昔、子どもだったのだから。

私たちは、自分が経験したことならば、それを価値観として理解できる。

  • 結婚してない人は結婚している人の価値観は理解できない。
  • 子どもがいない人は子どもがいる人の価値観は理解できない。
  • 離婚していない人は離婚している人の価値観は理解できない。

そもそも、人の生きてきた人生なんて、それぞれなんだから、そこで培われた価値観なんて、同じように理解不能だ。

社会に受け入れられている、価値観 〜 家族である犬は店内に入れないけど、子どもは店内に入れる 〜 を、常識と言っているのが、日本だ。

アメリカ

アメリカは、自由の国だ。

何が自由なのか?

信仰の自由だ。
どんな宗教を信仰しようが、尊重される。

だから、世界から、人が集まる、世界にはいろんな人がいる、いろんな宗教や考えの人がいる、多様性が常識となる。「法律というルール遵守する限りは、何をしても許される」という常識がまかり通る社会だ。日本のような常識は存在しない。

  • 日本からイノベーションは生まれない。
  • 「みんなと同じ」という常識を重んじる社会からは、常識を覆す新しい発想は生まれない。

多様な価値観を知ること、価値観の多様性を受け入れること、それは、OSの再インストールのような大掛かりな作業である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました