自分と社会を分つモノは何か?(4/6)

湯浅

やわらかい頭の作り方からの思考

自分と社会を分つモノは何か?(3/6)
社会人は、無職になって「お金・幸福・仕事って何か?」という哲学をしない。哲学の答えは、たくさんの知識を身に付けて、自分の中に探すモノである。

2021/7/16

ルール

考えるという行為について、拡張する。抽象化していく。

社会にはルールがある。

信号を守る。
人のモノを盗んではいけない。
順番に並ぶ。
人の嫌がることをしてはいけない。

ルールは、便利だ。

なぜなら、ルールを守ればいいからだ。
ルールを守ることに、考える行為は、不要だ。
ルールを知っているか否かである。

ルールについて、考える行為をする人は、限られる。

日本のルール

日本には、勉強して、いい大学に入って、大企業に就職して、結婚して、子どもを作って、家を買って、、、といった暗黙のルールがある。

その暗黙のルールについて、考える行為をする人は少ない。

なぜ、いい大学に入るのか?
それは、大企業に入るため
なぜ、大企業に入るのか?
→ 安定しているから、有名だから、給与がいいから
なぜ、結婚するのか?
→ 1人じゃ寂しいから、子どもが欲しいから、本能だから
なぜ、家を買うのか?
→ 歳を取って、お金を稼げなくなったときに、安心して暮らせる場所が欲しいから

人それぞれ、いろんな価値観があるから、答えも、様々であろう。

ルールブック

「ルールは破るためにある」
ある起業家の言葉だ。

暗黙のルールを破った人しか、起業家にならない。

学校の教科書というルールブックには、お金の稼ぎ方も、仕事の選び方も載ってない。

だから、起業家にならずに、サラリーマンになる。暗黙のルールの中で、生きていく。

あるとき、暗黙のルールに気付く。違和感を持つ。ルールについて考えることをはじめる。

ルールを思考

あれっ、お金って好きだし大事だし、生きていくのに必要なモノだけど、お金って、何か、よくわかってないぞ!お金について、勉強する。資本主義を知る。

経済という学問は、人間が合理的だとしているけど、人間は、合理的じゃないらしい。行動経済学、脳科学、進化学について勉強する。

そもそも、幸せって何だっけ?どうしたら、幸せになれるのかな?幸福について勉強する。幸福になるためには、幸福を定義する必要があるのか。幸福は、自分の中にあって、自分が決めることなのか。

幸福を定義する。

お金の勉強をして得た知識である経済的自由を幸福の土台とする。

知識を実践

資本主義社会で、経済的自由を得るには、お金の自己増殖機能を用いた投資が必要なのか。なるほど、投資をはじめよう。

投資するには、経営者になるためには、経済的自由を得るには、簿記の知識が必要なのか。なるほど、簿記の資格を取ろう。

経済的自由を得るためには、仕事をしてお金を稼がなければならない。どんな仕事をすればいいんだろう?好きなことを仕事にする?文章を書くのが得意だから、ブログをはじめよう。料理するのが得意だから、料理のブログもはじめよう。

湯浅探偵団 | FiREまでの軌跡
知識の取得・知識の思考・思考の実践によってFiREへと向かう
rerecook〜リメイク料理
残ったおかずのリメイク料理、アレンジレシピを紹介します

プログラミングは、難しい。プログラミングは、義務教育で必修化されている。iTの仕事をしていたから、プログラミングは得意だし、人に説明するのも得意だ。でも、子ども向けのわかりやすいプログラミングのYouTubeがない。プログラミング教室というYouTubeをはじめよう。

親子でわかるプログラミング教室
#プログラミング #かんたん #こども #はじめて 【対象者】 これから、はじめてプログラミングを学ぶ親や子ども 子どもと一緒にプログラミングを学びたい親 プログラミングを学びたい子ども 【チャンネル説明】 プログラミングについて、ホワイトボードを使った学校形式で、わかりやすく説明します。 プログラミングは義務教...
動画が少し長いのかもしれない。短くしてみよう。人工知能メインにしてみよう。
IT[情報技術]&AI[人工知能]の基礎知識
IT(情報技術)の知識を子どもにわかるように、かんたんでやさしく説明します。 3分〜5分くらいの短時間で、すぐにITの知識を得ることができます。 そして、今話題のAI(人工知能)についても様々な角度から説明していきます。 インターネット ググる(Google検索) Eメール・メールアドレス コンピュータ 人工知能(A...

好きなこと、得意なことをやってみたけど、これらは、すぐお金にならない。なるかどうかも分からない。

仕事とは?

仕事って何だろう?
仕事ってお金を稼ぐためのものだと思ってたけど、違うの?

なるほど、仕事って、自分の中にない。好きなことや得意なことは建前でしかない。仕事は、自分の外にある。

仕事は、人の役に立つことだ、社会の役に立つことだ。誰かの役に立つことで、その対価として、得られるのがお金だ。だから、仕事の対価であるお金の大小は、社会的評価で決まる。

社会的評価が高い仕事って何?
経済的自由を得るための仕事って何?

そんな仕事は、ルールの中にはない。学校で習う価値観には存在しない。
起業して、経営者になることだ。

でも、それでは、経済的自由は、手に入らない。仕事をすることで、寝食を忘れるほどのフローに入らなければならない。

仕事に熱中する、仕事にハマる。もはや、仕事が楽しい、仕事が好きだ。仕事と遊びの境界がなくなる。

遊ぶように仕事をして、仕事をするように遊ぶ。

経済的自由を手に入れている人の仕事の概念を可視化できた。

自分と社会を分つモノは何か?(5/6)
「考える」という行為は、めんどくさくかもしれない。でも、「考える」ということをやめたら、それは、もう、人工知能という機械への敗北である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました