「記憶」という資産の作り方 〜 雨の中あえてチャリで観光する

東北旅6

「ベッド眠る」という行為を「ベッドで眠れて幸せだなぁ」にする方法
幸福は願うモノではない、作るモノだ。簡単な幸福の作り方を伝授。幸福になりたい人必見。

2021/8/9

雨が降っている。雨だけど、観光したい。予定がある。今日はここに行かないと!

ホテルでは自転車を貸してくれる。タダで。

自転車は、旅人にとっての、最強のツールであることは、世界一周からも、証明されている。

ヘルズゲート国立公園|セミFIRE湯浅淳一|note
2019/10/29@ヘルズゲートinケニア 朝イチで ナイバシャからヘルズゲート国立公園へ向かう ローカルバスは人でパンパンで、 空気イスの人も もはやイスに座ってない人も バスを降りたところに レンタル自転車があるので、 そこで自転車を借りる そこから自転車で ヘルズゲート国立公園へ ヘルズゲ...

しかし、外は雨だ。自転車で観光するのには適してない。

電車や徒歩で、いつも通りに、観光地を巡るのも、悪くない。歩いている間に、新しい発見があることを知っている。

「百均でカッパを買って、自転車に乗る」という名案が降りてくる。

自分に与えられたツール「自転車をいかに利用して遊ぶのか」という命題の答えが降りてくる。

遊びはいつだって自由だ。自由だからこそ遊びだ。

自分に与えられたツールの中から、どうしたら「最高に楽しい遊びができるのか?」どっちがより「非日常か?」旅の醍醐味は、非日常だ。

カッパを買って、チャリで、観光しよう。それが、今日の遊びの最適解だ。

湯浅ぐらい旅狂いになると、現状は向こうの方にある。今にあって、現在にない。

雨の中、カッパを着ているけど、ビショビショの現実は、目の前にあって目の前にない。意識は未来にある。

雨で不快な現実には、もう居ない。

【未来において】
「仙台に行ったけど、雨の中チャリで大変だったけど、楽しかった」という思い出に変化している。
現実は雨でビショビショで辛い。けど、知ってる、こんな体験こそ、未来に、思い出になる、記憶になるのだ。

わかるのだ、体験の過酷さが、未来への投資だということを。

未来において、記憶という資産になるのは、非日常であり、失敗した体験であり、辛い現実である。

よりよい未来は、記憶という資産を作ることでカタチをなす。

人は金を抱えて死ねないが、記憶を抱えて人は死ねる。

人は、私たちは、記憶という資産だけを持つことができるのだ。

記憶とは体験である。

天才たちはいう。より、難しい方へ、簡単ではない方へ、大変な方へ、怖い方へ、震える方へ、舵を切れと。

そこに、正解があるからと。

正解は、金じゃない。体験である。そして体験の先に金がある。

「起業」という経験をしなきゃ、起業家にも、経営者にもなれない。

「人生を遊ぶ」という生き方である。

不安な未来に、最高の遊びがある。

新婚旅行はパリではなく、インドへ行く
湯浅はおもう。新婚旅行でパリに行くより、インドに行った方が、2人は、つながる。新婚旅行で、インドに行って、それを乗り越えたら、夫婦は完成する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました