【本要約】幼児教育の経済学

お金

【本要約】幼児教育の経済学

2020/12/28

子どもは、小学校の就学前の時点(幼少期)で、大学に進学するかどうかを判断する認知的到達度という指標に格差がある。

遺伝子と環境との相互作用によって、人間の成長を説明できる。

幼少期に、ある特定のインプットが欠けていると、そのインプットに関連する情報を感じ、気付き、理解し、判断し、それに従って行動するという脳のシステムの発達に異常が生じる。

幼少期の環境が成人後に大きな影響をもたらす。

幼少期教育では、iQに代表される認知能力だけではなく、忍耐力、協調性、計画力といった非認知能力も重要である。

教育基本法では、「豊かな人生を送ることができるよう」に教育を受けるとは書いてあるが、「お金儲けができるよう」にとは書いてない。

教育基本法による教育の目的
個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する。

労働経済学者は、教育を個人の所得や労働生産性を伸ばすための「投資」として捉える。その結果、失業者訓練は、費用対効果が悪いことがわかった。

幼少期の時期に、非認知能力(忍耐力、協調性、計画力)が発達を促す教育をすることが重要で、その発達がその後の教育の効率性を高め、社会的な成功につながる。

【本感想】幼児教育の経済学

社会的な成功の定義とは?

非認知能力(忍耐力、協調性、計画力)をもとに成功するということは、サラリーマンとしての成功である。サラリーマンとしての成功の先には、99.99%の確率で、経済的自由は存在しない。
※経済的自由…お金の心配をしないで生きていくこと

人が本当に求めている成功の定義とは?

仕事をしなくてもいい経済的自由であろう。サラリーマンは、非認知能力を高め、ストレスにさらさている。成功とは、仕事をするもしないも自由という権利を手にすること、即ち、経済的自由の達成である。しかし、日本では、お金の教育は、存在しない。自分で、お金のことを学ばなければならない。お金のことを学ばずに、経済的自由は、手に入れられない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました