【本要約】感情と行動の大法則

【本要約】感情と行動の大法則

2021/9/2

行動

私たちは、「正しく行動できるかどうか」に基づいて生きてきた。

「正しく生きているかどうか」を決めるのは、自分ではなく、一般化された他者である。私たちは、一般化された他者の評価を気にして、他者からの報酬 ( 収入・評判・地位・名誉 ) が得られるように生きる他者報酬追求行動をとってきた。

その行動は、ノルアドレナリンが分泌しやすい。

  • 肩こり・頭痛・不眠・胃痛・腰痛などの原因となる化学物質が、ノルアドレナリンである。
  • アルコール・抗不安剤・不眠剤によって、ノルアドレナリンの分泌を抑制する。
  • ドカ食い・甘いモノ・性行為など、快楽物質ドーパミンの分泌促進行動を代償とする。
「正しく行動できるかどうか」ではなく、「楽しく行動できるどうか」で生きる。

学習・創意工夫・チャレンジといった自己報酬追求型行動によって、自分が楽しく生きられ、快楽物質ドーパミンが常時分泌するので幸福を得ることができる。

「楽しく自由に行動したい」と思っても、不安や恐れや失敗を気にして、挫折することもある。

行動は、本人の自覚しているか自覚していないかに関わりなく、「不快を避け、欲求を充足して快感を得よう」とする動機付けに基づいて起きる。

欲求

生きるとは
欲求 ( 欠如 ) → 情動 → 行動 → 充足
というサイクルの繰り返し

【欲求の種類】

①身体の欲求 ( 一次的欲求 )
②個体保存欲求
③種族保存欲求

食欲・睡眠欲・性欲など、個体と種族を保存するための欲求である。

感情

【人の感情】

①プラス感情
・喜び系感情
嬉しい、楽しい、幸福、安心、感謝

②マイナス感情
・不安系感情
不安、心配、恐れ、焦り

・怒り系感情
怒り、不満、不信、恥

・悲しみ系感情
悲しい、寂しい、失望、喪失

・苦しみ系感情
苦しい、辛い、しんどい

「自分は、どんな期待・欲求を持ち、どんな気持ち・感情を持っているか自覚できない」という感情認知が困難な人がいる。社会的に周りから我慢を強いられた結果、感情認知困難度の強い人が増えた。感情認知困難度の強い人は、自分の感情が潜在意識化されやすいため、ストレスを溜まりやすい。

・自己防衛感情 ( このままでいたい )
・自己成長感情 ( 成長したい )
自己防衛感情と自己成長感情という矛盾する感情が対立しているとき、悩みが生じる。

一方で、悩んでいるときは、成長のチャンスでもある。

内省によって、無意識下にある感情を意識化し、無意識に行動を支配している感情に気付くことができれば、行動変容につながる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました