ゲームが楽しいというのがわからない

YouTube

2021/7/16

感情が動いたら、チャンスである。

ずーとゲームをして、ゲームの話しかしない。

という価値観を目にする。

湯浅は、なんで、ゲームがおもしろいか、わからない。
ゲームに、全然、興味がない。

でも、人が、こんなに夢中になっているということは、ゲームが楽しいのだ。

コレが、社会と自分の差だ。
湯浅は、ゲームも、ギャンブルも、スポーツ観戦も興味がない。

こういった、わからないモノの中にこそ、新しい価値観がある。

わからないは、ダメだ。
理解はしなきゃいけない。
共感はしなくてもいい。

そうだった、ゲームもギャンブルも、科学的にハマる理由が証明されていた。
そして、スポーツ観戦も、可視化していた。

男は協力、女は共感
「本を読まない」ということは、ルールを知らないで、スポーツをしていることだ。それでスポーツに勝てる訳がない。社会のルールを知ることが前提であり、社会というスポーツの場で勝つための一歩である。
ゲームから、歴史、科学、そして、自由へ
科学が絶対ではないし、絶対的なモノなど存在しない。自分が目に見えている世界が全てじゃない。世界のほんの一部でしかない。自分が信じている常識は、狭い世界の切り取られた思想である。
現代の合法的略奪~スマホ依存で失われるお金以上の価値
現代の僕らは、スマホに時間を奪われている。スマホを触っていて、気が付けば、数時間過ぎていたことなんて誰しも経験があるに違いない。スマホのアプリは、脳科学を利用した、"世界トップクラスのハイテク企業の英知の結晶"である。僕たちが、スマホ依存に、抗えるはずがないのだ。

自分がゲームをやらないのは、なぜか?
ゲームに価値を感じないからだ。
そして、ゲームが下手だからだ。

社会との迎合は、難しい。

【ゲームでプログラミング】はじめてのビスケット006

コメント

タイトルとURLをコピーしました