【本要約】起業の教科書

【本要約】起業の教科書

2021/11/10

起業とは

  • 「やり抜く」という覚悟さえ決められるなら、起業家は誰にでもなれる。
  • 経営者は「今という時を仕事に捧げる」という覚悟を決めた人であるべきだ。
  • 起業家に必要なモノは、「これをやりたい」という強い気持ちがあるかどうかである。

新しいことに取り組むと、既得権益を持つ人やこれまでの常識を守りたいと考える人から必ず反発に遭う。それが普通だ。

起業は、池に石を投げるのと同じで、必ず波紋が起こる。でもそれくらいのことで経営者の気持ちが揺らいだとしたら、誰もついてこない。池に石を投げた以上は、「どんな波紋が起こっても俺は全部受け止めるぞ」という気概が必要だ。自分が腹落ちしたことをやり遂げるという強い思いがあれば、絶対にブレない。

起業は目的ではなく手段である。

今の世の中のどこが嫌で、どこを変えたいのか、そのために自分なら何ができるのかを考え抜き、腹落ちできれば、何でもできる。

起業する

仕事をしていく中で、人の役に立って、人から「ありがとう」と言われることが、何よりも重要である。人は一人では生きられなくて、人とのつながりの中で生きている。

成長市場を見つけるのは、起業家よりも投資家の方がうまい。起業家の多くは自分が興味を持っていることにしか関心がない。そして、自分が関心を持っていることについて「この分野に市場があるはずだ」と自己肯定する傾向が強い。マーケットインではなく、プロダクトアウトで考えてしまう。
一方、投資家の視点からすると、リターンを最大化させるには1番伸びている市場に投資することが1番効率の良い方法である。投資家は「様々な市場を俯瞰して、どの市場が1番伸びるのか」を常日頃考えている。

起業したいなら、一刻も早く起業するべきだ。

「アイデアがなくても起業する」という状況に追い込まれないと人は一歩を踏み出すことができない。「全部の準備が整ってから起業したい」と考えていると、いつまでたってもできない。

起業するときのコツは、退路を断つことである。「起業で結果を出さないとダメだ、それ以外のことは我慢する」という期間を持つ。そうすることで、一個のことに集中しているので、失敗したときに学べる。

起業において重要なのは、成功か失敗かが早くわかることである。成功か失敗がわからない状態が1番よくない。与えられたお金と時間の中で失敗したら、「すいません」と言って謝ればいい。

起業のビジョン

なぜ、この事業に乗り組むのかに対する明確なビジョンと、諦めずに継続する使命感を持っているかどうかである。

サービスを考えるときは、当社の理念から逆算して、

  • このサービスが理念に合っているのか?
  • ユーザーのためになるのか?

という視点を念頭においておく。

直近のお金を稼ぐためのサービスと、将来の収益化のためのサービスの両軸での視点を持ち、動きながら考える。

現状維持は衰退の始まり、起業しないことがリスクである。

起業のアイデアの種

生活する中で、ふと『これは問題だな』とか『なんでこんなに不便なんだろう』と認識している課題について、『自分だったらこうやって解決するのにな』と考えてみる。そして、それが事業になり得るかどうか判断してみる。

アイデアは、一つの新しい組み合わせである。

アイデアは全く新しい何かではない。既に存在する何かと何かをあたらしく組み合わせることだ。

新しい組み合わせを作り出す才能は、事物の関連性を見つけ出す才能によって高められる。

アイデアは、新結合であり、日常生活で、アンテナを立てて情報収集することがアイデア創出につながる。

人を動かす

人を動かす原則 … 人の立場に身を置き、強い欲求を起こさせる

たいていの場合、人は自分の立場から物事を見て、それを相手に伝えてしまう。

例えば、「仲間を誘ってバスケット・ボールをやりたい」というある人が、皆に向かって、自分が「いかにバスケット・ボールをやりたい」ということを語っても意味がない。皆に、バスケット・ボールをやれば元気がでるとか、とてもおもしろいとか、やることによって得られる利益を伝えなければ人は集まらない。
例えば、小さな子どもの偏食を直そうというときも同じである。「坊やにこれを食べてもらいたいんだよ」と自分の気持ちを語ったところで、子どもの心は動かせない。その子は、実は近所のガキ大将にいじめられていたとする。その心を読み取って「お母さんのいうものを何でも食べさえすれば、いまに、坊やはあの子よりも強くなるよ」という言葉をかけるだけで、子どもは何でも食べるようになるのだ。

相手の立場に身を置き、その人の好むものを手に入れる方法を教えてやることで、人を動かすことが可能になる。

自動車王ヘンリー・フォードの言葉
「成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能力である」

コメント

タイトルとURLをコピーしました