すべては幻想の産物〜正しいも間違いも存在しない

社会

「武器になる哲学」からの思考

【本要約】武器になる哲学4 〜 他人
私という個人は、分かった後と前では、違う人間になる。なぜなら、昨日の自分では、わからなかったことが、今日の自分は、わかったからだ。「わかる」ということは、「かわる」ということである。

2021/7/26

本質という概念は存在する。
” 正しい ” や ” 間違い ” といった正誤の概念は、本来は、存在しない。

私たちは、他人の感情は分からない。他人の感情を推し測ろうとするが、そんなことは、かなわない。人の気持ちは、その人、本人しか分からない。

私たちは、他人の価値観を、会話によって、推測することができる。会話によって「この人はこういう価値観を持って生きているんだな」と思う。そして「価値観って人それぞれだよな」と思う。

” 正しい ” や ” 間違い ” というのは、個人の価値観で決められる。” ある人には正しく ” ても、” ある人には間違いだ ” ということがある。

  • 「お金がすべてだ」という人がいる。
  • 「お金より愛だ」という人がいる。
  • 「愛より趣味だ」っていう人がいる。
  • 「趣味より食事だ」っていう人がいる。

そこに存在しているのは、個人の価値観でしかない。それが、” 正しい ” や ” 間違い ” は、個人の問題なのだ。

そして、多くの人に、” 共通な正しいや間違い ” が「常識」と呼ばれている。

常識は安全だ。” みんな ” という目に見えない人に守られているような安心感がある。

でも、実は、” みんな ” は存在しない。” みんな ” は、概念である。私たちの個人集まりを ” みんな ” と呼んでいるだけだ。

本来は、個人しか存在しない。

” 個別の正しいや間違い ” という価値観を持った人しか存在しない。

  • みんなは、幻想である。
  • みんなは、存在しない。
  • 常識は、幻想である。
  • 常識は、存在しない。

個人しか存在しない。

「自分という個人が存在している」というのが、たったひとつの本質である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました