ゴルフを因数分解

健康

ゴルフを因数分解

2021/9/28

勝負相手

  • 囲碁・将棋といったゲーム
  • サッカー・野球といったスポーツ

勝負を付けることを、目的として楽しむことが多い。だから、勝負相手は敵である。

  • ゴルフ

ゴルフの相手は敵ではない。
ゴルフは相手のことを応援する。

相手のことを応援する
= 自分を負かす相手を応援する
= 相手が勝つように応援する

ゴルフは、勝負を付けることよりも、むしろ、みんなでゴルフを共通の体験として、楽しむことを目的としている。それが紳士のスポーツと呼ばれる所以かもしれない。

「うまくいかないこと」を楽しむ

ゴルフなんて、うまくできないモノだ。100回以上打って、5回くらいがナイスショットで、1〜2回くらいがガッツポーズできるスーパーショットだ。ほぼ、自分が思った通りに打てないし、思ったところに球は飛ばない。

それでも、朝、早く起きて、車で遠くにあるゴルフ場まで運転して行って、ゴルフをして、「楽しかったけど、スコアはイマイチだな」と言って、渋滞にハマって、クタクタになって夕方に家に着く。1日掛かりであり、しかも、ゴルフ場で払うゴルフ料金も高い。

それでも、ゴルフをする。

ゴルフは、「うまくいかないこと」を楽しむ遊びである。私たちは、人生の中で、いろんなことをうまくいくようにやっている。「うまくいって欲しい」と考え行動する。時には失敗しながらも、なんとか成功に辿り着く。

ゴルフはうまくいかないことを前提としてスタートする。決められた打数(パー)でカップインするなんて、難しい。パーを目指すけど、それができるのは、10回のうち1〜2回である。だから、それができたときは、みんなで褒め合う。後の8〜9回は、ドンマイである。「何それ?」なんだよな。ゴルフって。冷静に因数分解するとよくわからないスポーツなんだ。

ゴルフは、勝負が重要でもなく、「うまくいかないことを楽しむ」という、一風、変わったスポーツなのだ。

ただ、お金持ちから、おじいちゃんまで、幅広い人たちに楽しめるスポーツであり、湯浅自身も、おもしろいスポーツだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました