【エッセンス】失敗図鑑

【エッセンス】失敗図鑑

2021/10/2

人間に大差はない、人間それぞれに思考の差があるだけだ。ポジティブ思考かネガティブ思考か。ポジティブ思考が行動を起こす要因であり、結果に結びつく。

失敗を許されるということは、失敗の大きさの分だけ信用を失ったということだ。
全力で取り組む経験は、例え、そのとき失敗しても、その後で必ず大きな成果を運んできてくれる。何でも真剣に取り組むと失敗しても何かしら身につく。
失敗の経験が成功を作る。
成功とは守るモノではなく、次の成功に使うモノである。

世の中のすべての価値観は、すべて自分の心が作り出したモノである。
普通に暮らしているとついつい自分の周りの世界がすべてだと勘違いしてしまう。

人から認められる前に、自分の才能を信じてあげられるのは自分だけだ。
自分が何に向いているのか、始めてみるまでわからない。
正しいと思って動かなければ勇気がない。過ちを改めない、これを過ちという。

好きなことを仕事にすれば一生働かなくてすむ。
本当に新しいモノの中にはそれに費やされた時間の分だけ魂が宿る。
魂を燃やす感覚で取り組むと魂が宿り成功への道となる。

無意識こそが私たちの気持ちや行動を支配している。
すべての行動は、欲求に支配されている。欲求によって人の気持ちが作られるので、欲求を知ることで人の心がわかる。
人の心を掴むことができれば、自ずと夢も掴むことができる。

【本要約】失敗図鑑すごい人ほどダメだった
自分に何が向いているのか、はじめてみるまで、誰にもわからない。人の心を掴むことができれば、自ずと夢も掴むことができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました