上がってないのに、上がったみたいに生きてみた。

湯浅

上がってないのに、上がったみたいに生きてみた。

2021/3/16

働かなくても生きていける。

※生活保護の話しじゃない。

「働かなくても生きいく」というと、預貯金を切り崩しながらの貧しい暮らしを想像するかもしれない。

全然違う。

お金が、減り続けるどころか、働かなくても、お金は、増え続けていく。

そんな世界があるなんて知らなかった。

そんな世界に足を踏み入れることを「上がる」という。

「上がる」とは何か?

経済的自由である。

経済的自由とは何か?

資産所得 > 生活費

「資産からの配当で、生活費を賄うことができるので、働かなくていい」ということである。

かみ砕くと、自分の預貯金を投資に回して、投資からの配当金額が、月々の生活費を上回った状態をいう。

そうすると、働かなくていい。

「働かなくていい」という自由を手に入れる。

毎日、働かなくていいとしたら、何をするだろうか?定年退職したわけではないのに、いきなり、余生突入である。

何それ、めっちゃ、楽しいじゃん。

毎日、好きなことできて、最高じゃん。

上がってないけど、上がったみたいに生きてみた。

それは、もちろん、1番やりたいことをやろう。

会社勤めじゃできなかったことをやろう。

世界一周の旅に出よう

世界中の見たい景色を、自分のこの目で確かめよう。

ピラミッドを、モアイを、モン・サン・ミシェルを、サクラダファミリアを、マチュピチュを、ウユニ塩湖を、バオパブを見に行こう。

世界中の海でダイビングをしよう。

世界一周という夢を叶えよう。

世界一周から帰ってきて、1年経った。無職になって、2年経った。働く予定はない。上がってないのに、上がったみたいに生きている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました