【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 自由より制約

自由より制約

2021/7/6

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 人間の思考
" 分かる " の語源は " 分ける "。人間は、全員の共通認識のために、頭の中で線を引いた。共通のルールを作ることで、社会生活を営んできた。

決定論と確率論

  • 決定論
    結果には必ず原因がある。
    「原因さえ明確であれば、その後の物事が予測できる」という発想である。
  • 確率論
    「物事の挙動はある確率に収束するが、その結果として予測することはできない」という発想である。
    最終的には「成功も失敗も時の運である」という発想である。

【本書より引用】

決定論的思考

  • 結果が悪ければ、行動したことを後悔してしまう。
    失敗を「自分の意思決定や、方法が間違えていた」と考える。
  • 過去の因果関係やデータを最も信用する。
    「過去に起こったことが必ず将来につながっている」という「絶対的な因果関係を信用する」という前提である。

確率論的思考

確率論的思考は、最善を尽くして失敗しても「運が悪かった」と次へと挑戦する。
  • 不確実性の高い意思決定は、事前のプロセスで最善を尽くしても、失敗する可能性がある。
    将来に対して失敗するリスクを取る行動をする。
  • 失敗しても、数を打つことを考えて「夢を叶えるまで」挑戦し続ける。
    実質的には「必ず叶う」と信じている。
決定論的思考
→ 成功要因を、十分条件 ( 努力すれば必ず夢は叶う ) として捉える。
確率論的思考
→ 成功要因を、必要条件 ( 少なくとも努力しなければ夢は叶わない ) として捉える。

自由でありたい?

私たちは、日常生活や仕事の中で、暗黙のうちに、自由度の大小を考えながら、やりたいことの選択をしたり、進むべき方向性の意思決定をしたりしている。

誰でも常に自由を欲しているようでありながら、実は制約されることを好んでいたりする。

仕事は、自由度の低い状況と高い状況がある。マニュアル通りにすることや上司の言われた通りにやることが求められる仕事もあれば、全て自分で考えてやる仕事もある。

  • 自由度が高い
    メリットは、自分の個性や思考に好きなように合わせることができる。
    デメリットは、手間がかかる、結果のブレが大きくなる、責任を伴う。
  • 自由度が低い
    デメリットは、マニュアルやルールに従う必要がある。
    メリットは、ルールに従うだけで、思考する必要がない。

実は自由であることは、どんな状況でも万人が望むわけではなく、状況や性格によって、制約されることを好む人や制約がなくなると困る人がいる。制約があることのメリットは、頭を使わなくてよい、楽ができる。

個人の能力や性格にもよるが、一人の人間の中でも、領域によっては傾向がある。

  • 自分に自信やこだわりがある分野では、自由度が高いことを好む
  • 自分に自信やこだわりがない分野では、自由度が低い方が楽だと考える

だから、自由度が低いことが求められる状況の方が実は多い。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 行動
人間の行動は、各人の思考回路によって支配されている。人間は感情の生き物である。感情によって行動する。一方で、社会には論理が必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました