【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 行動

行動

2021/7/6

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 自由より制約
実は自由であることは、どんな状況でも万人が望むわけではなく、状況や性格によって、制約されることを好む人や制約がなくなると困る人がいる。

思考で行動

人間の行動は、各人の思考回路によって支配されている。

仕事

思考回路というのは、仕事をやる上での基本的な考え方や、仕事に望む哲学のようなモノである。

仕事で、個々の事象に対応することは、具体的な行動につながりやすく、すぐに直接的な影響が出やすい半面で、根本的な原因に対処する本質的な改善にならない。

一方で、思考回路を変えるのは、難易度が高く時間がかかる反面で、一度達成してしまえば、個々の事象に対応しなくても、「全ての行動が一気に変わる」という、大きなメリットがある。

自責

後悔することと、後悔しないことがあるのではなく、後悔する人後悔しない人がいるだけだ。

  • 自責 ( 失敗は全て自分の責任 )
  • 他責 ( 上手くいかないことは全て他人や環境のせいで後悔 )

個々の行動を支配している思考回路である。「全てが自分の責任だ」と考えている限り、「どうすればいいか」という形で思考回路が起動する。

思考停止は、何かの原因を環境や他人のせいにした時に起こる。

感情で行動

人間は感情の生き物である。感情によって行動する。
一方で、社会には論理が必要だ。

国の法律・社会のルール・会社の規則は、論理的に構成されている。

日常生活における問題は、論理感情のギャップに基づいている。

【本書より引用】

①論理○感情○
②論理○感情×
③論理×感情○
④論理×感情×

②【客観的】論理的には正しい ( 理解できる ) が、感情的に正しくない ( 理解できない )
③【主観的】論理的には正しくない ( 理解できない ) が、感情的に正しい ( 理解できる )

  • 客観とは、数字やデータで示された論理である。
  • 好き嫌いは主観であって、論理ではない。

会社の活動で、正しい意思決定をしたのに、「人が動かない」という事態が起こる。「人が動く」には、「個人の感情面で納得すること」が必須条件であるが、正しい意思決定は、論理的に正しいだけだからだ。一方で、個人が、好き嫌いという感情で仕事を選んでは、会社の秩序が保てなくなる。

集団のコントロールには、論理感情のギャップを使う。

形から行動

形から入るか?中身から入るか?

形から入る = 手段先行の場合

  • デメリット
    形だけで終わってしまい、手段の目的化という本末転倒が起こる
  • メリット
    形という実質的な行動から始まっている

「中身が伴わなければやっても意味がない」と言っている人は、形にすらできずに終わることも多い。

実践重視の人は「たかが形、されど形」であることを知っていて、形を先行することで実践が伴い、最終目的もそこから付いてくることを理解している。

形が中身かの話しは、手段目的かという構図に置換できる。

形から入るというのは、目的のための手段を優先させることで、実行を早める。例え、はじめは、本末転倒に見えても、それが定着し、いつの間にか、目的を達成しているという状況を狙う。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 物理現象
人間が営んでいる物理的な目に見える活動を、様々な目に見えない活動に展開して実質的に世界を広げていけるのが、人間の知的能力の優秀性である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました