【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 物理現象

物理現象

2021/7/6

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 行動
人間の行動は、各人の思考回路によって支配されている。人間は感情の生き物である。感情によって行動する。一方で、社会には論理が必要だ。
人間を人間たらしめる高度な知能
人間が営んでいる物理的な目に見える活動を、様々な目に見えない活動に展開して実質的に世界を広げていける。

人間の想像力の発揮の仕方は、物理的な現象にヒントがある。

重力

人間の行動には「できれば楽をしたい」という重力のような力が常に働いている。

仕事も勉強も、自然の流れに任せれば、より楽な方向に常に流れていく。

一度楽を覚えてしまった状態から苦しい状態に戻すには、自らの力だけでは不可能に近いので、「誰かに手伝ってもらう」「道具の力を借りる」といった物理現象での解決に近いことをやる必要がある。

水流

仕事は、川の流れのように上流と下流がある。

仕事は抽象的な理想像やコンセプト作りから始まる。コンセプトを具現化していく過程が実際の仕事である。

  • 上流での成果物は、確定しておらず、変動要素が大きいので、やわらかく、目に見えない。
    上流での仕事は、非定型で、再現性が低い。
  • 下流に行くに従って、具体的になり、形になる事で、固く、目に見えやすくなる。
    下流に行くに従って、定型で、再現可能になっていく。

上流の仕事の成果・価値がわかりにくく、理解しづらいために、収益化が難しい。多くの仕事では、「上流側の仕事は、無料で行われて、その代わりにそのコストを下流の仕事で回収する」という構図で成り立っている。

収益化できる仕事というのは、時間・材料・ドキュメントで表現できるが、付加価値の高い仕事は、数値に比例しない。アイデアを出すことに価値があるが、アイデアを形にすることでしか収益化できない。

仕事には上流と下流で評価のポイントが違う。「本質的な価値」と「売買できる価値」にはギャップが存在している。

現代の水流
世の中はドンドン万人にわかりやすい方向に流されていき、わかりにくいモノや難しいモノは、侵食されていく。社会システムの中で後戻りが難しい一方通行になる。

作用反作用

人間同士にも、物体と物体の関係性である作用反作用の法則が通じる。

相手がそうなっている原因を作ったのは、自分であるのに、それを一方的に相手のせいにするのは、作用反作用の法則に従っていない。相手を変えるためには、自分が変わるのが必須条件である。自分が変わることによって、「相手が変わったように見える」という効果を用いるのだ。

私たちの人生そのものも、外部環境との間に作用反作用の法則が働いている。

ドップラー効果

心理的ドップーラ効果
すでに経験してしまった事と、これから起こる事を違うように解釈する。

「思い込み」というのは自分で気付くのが、難しいが、例えば、ドップラー効果のように、実は見え方が違っているという着眼点で、自分自身を観察してみる。

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 知識
創造的なアイデアは、既存のアイデアの組み合わせである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました