【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 知識

知識

2021/7/6

【本要約】やわらかい頭の作り方 〜 物理現象
人間が営んでいる物理的な目に見える活動を、様々な目に見えない活動に展開して実質的に世界を広げていけるのが、人間の知的能力の優秀性である。

対比

専門知識という知的資産は、別の領域にチャレンジするのが難しくなる。また、専門領域で新しい主張をする場合でも、それまでの蓄積と矛盾する事をやるのは難しい。それは、ある意味での自己否定につながるからだ。知識の世界での資産のジレンマである。

頭の柔らかさの敵は知識である。

業界の常識を覆すような斬新な発想をするのは、その業界の専門家ではなく、素人である。知識という、財産と思われるようなものも、柔軟な発想をする上では、負の遺産となって足を引っ張る。

一見、プラスに見える事象も、別の視点から見ればマイナスに変わる。

頭をやわらかくするための発想の着眼点は、肯定に思われていることを否定に捉える。

長所は短所になり、短所は長所になる。

長所短所に変えてみるにしても、そこにどういう対立軸が含まれているのかを抽出して、メリットデメリットを同時にあげてみることで、一歩引いた視点から思考できる。

良い悪いか、正しい間違いかというような二者択一で考えるのではなく、南北左右というような方向性と同じと考える。例えると、「頭の中に地図」を持つということである。地図を描くためにも、南北東西といった方向 (軸) を決める必要がある。

関係性を説明するためには、対比と、対比を考える軸である。
成功の対義語は、失敗
【本書より引用】

成功も失敗も行動の結果である。うまくいけば、成功で、うまくいかなければ、失敗である。例え、挑戦が失敗でも、行動した結果や失敗した教訓は残るし、挑戦する前とは確実に状況が変わる。成功の反対語は、挑戦しないこと・行動しないこと = 何もしないことである。

同様に、賛成の対義語は反対ではなく、意見がない好きの対義語は嫌いではなく、無関心である。

新しいアイデアを創造的に生み出せる人と、文句ばかり言っている人というのは、紙一重である。

アイデア

人間は、「遠くのものの方がありがたい」と思う性質がある。

人間は年齢を重ねてくると、遠出が億劫になり、身近なモノで済ませようとする。

それは、「仕事」でも同じで、「専門領域で積み重ねた経験年齢」も同じだ。

頭の使い方に関しても、経験や知識を積み重ねるにつれて、身近にあるもので、済ませようとする。これが頭の固さの1つの原因になる。身近な世界だけで考えていれば、楽だ。

創造的なアイデアは、既存のアイデアの組み合わせである。

そして、遠くにあるアイデアの組み合わせが価値がある。

  • 頭の固い人は、他業界の事例を「業界が違うから当てはまらない」と否定する。
  • 頭の柔らかい人は、「全く離れているものを何かと結びつけたら、何が起きるだろう」と考える。
新しいアイデア
幅広い経験 ( 趣味・遊び・旅 ) をして、自分から、遠い世界の情報を仕入れて、情報を無理矢理つなげる。

常識

日本の常識は、世界の非常識というように、常識とは価値観である。

常識という言葉を使う人は、思考停止している状態である。

世界がコレほどまでに変容し続ける時代に、常識は存在しない。そして、「常識」という言葉を使う人の最大の特徴は、自分が思考停止していることに気付いていない。

常識は、その時代や社会の人に、信じられている法則やルール

どんなことでも、ありとあらゆることに当てはまるわけではなく、特定の状況や性格等によって、当てはまったり当てはまらなかったりする。その前提の状況説明が抜けていることが要因である。

  • 主張している人が、意識しながら、その前提条件を言っていない場合
  • 主張している人が、自分自身でも、その前提条件に気づいてない場合

世の中の議論は、その前提条件がないために、議論が発散する。

業界のセオリーや、組織のポリシーや、個人の哲学が、前提条件を決定する基準となる。

自分の中にある当たり前や常識は、自分のこれまでの人生経験や仕事を通して培われたものである。だから、仕事が自分と他業界の人とは、前提条件である当たり前や常識が異なるため、話が通じない。しかし、仕事が他業界でも、人生を共にした経験のある友達は、話が通じる、それは、人生を共にするという前提条件が共通であるためだ。

非常識

柔軟な思考を持った人というのは、往々にして見た目や、やることが変わっている変人である。変人は他人と違うことをやる。

同じは、一通りであるが、違うは無限に存在する。
  • 同じことをするには、何も考える必要はない。
  • 同じことをするのに理由はいらないが、違うことにするには理由がいる。
  • 違うことをするには、選択肢を考えて、その中から選択するという頭を使うプロセスが必要になる。

常識的な人は、大多数の人に合わせる人であり、他人と同じことをする人を意味する。非常識な人は、色々と考えて行動する必要がある。非常識であるためには、理由が必要であり、大変なのだ。

出る杭は打たれるという日本社会において、他人と違うことをやると必ず周囲から叩かれる。それに対抗して生きていくためには、必ず理由が必要で、個人としても確固たる哲学が必要である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました