自由とは知識

健康

自由とは知識

2021/4/20

今の病気を自分で調べた結果、糖尿病の人が、罹りやすい病気だった。

病院に行って医師に聞く。自分で調べた結果、糖尿病の人に罹りやすいようだった。

医師は言う。

「そうだね。糖尿病の人に多く観られる症状だね。」

母親が糖尿病であることを告げる。

医師は聞く。

「糖尿病かもしれないから、検査する?」

糖尿病の検査?

いきなり、持病の可能性を、目の前に、ドーンと置かれた。

糖尿病について尋ねる。

根治はほぼない。生涯、薬を飲み続ける生活が続く。

治療すれば、健康な人と寿命は変わらないけど、治療しなければ寿命が縮むよ。と言われる。

  • 情報量が多過ぎて、頭で処理できない。
  • 一生、病院通いの生活なんて、無理だ。
  • 海外移住するのに、持病なんて持っていけない。

そして、医師という権威を、盲信してはいけない。情報は、全て自分で取りにいくものだ。自分で取りにいって、自分で判断しなくてはならない。医師も、この資本主義社会の住人である。医師の判断に、バイアスが掛からないはずはない。

自分で情報を取りに行って判断しなければならない。そもそも、今ある病院は、西洋医学である。

  • 西洋医学が本当に正しいのか?
  • 東洋医学ではどうなのか?

自分の身は、自分でしか守れない。医師であっても、誰かを盲信することは、自分の身を誰かに預けていることに他ならない。自分の身を守るために、必要なのは、知識しかない。知識を得た上で、自分で判断する。自分で判断したのなら、責任も自分である。

自由が欲しいとおもっている。自由とは、全て自分で決めることである。自由とは、自己責任である。

自由に必要なのは、全てを自分で決められる知識である。知識がないと、判断できない。何かを決める時の判断基準は、知識によって、もたらされる。

そして、知識は、時間の代替えで、手に入れられる。時間を使って、人や本から知識を得る。時間を知識に変えていく工程が、自由への道。

コメント

タイトルとURLをコピーしました