人とのつながり

湯浅

人とのつながり

2021/5/7

設計図の違い

人は「めんどくさい」と考える生き物だ。

できるだけ、めんどくさいことはしたくないんだ。

楽に、何も考えずに、生きるように設計されている。

そうか、設計の仕組みが、違ったんだ。だから、俺は、人と違うんだ。

俺は、自分が考えて、好きなように生きるように設計されている。

自分こそ至高で、他人の意見なんか考えない。

俺がお前と会いたい。

それだけ。

お前の気持ちなんか知らない。
会いたくなければ断ればいい。
それで関係は精算される。

俺はお前と会いたい。

俺の欲望に従って、俺の会いたい人と会ってきた。

それだけ。

それで、うまくいっていた。
でも、時代は変わる。
同じ状況なんてない。

でも、みんな、それができないようだ。
自己を堅持できないようだ。

どうでもいい。

俺は会いたいけど、お前はどうする?

だけだ。

そうか、お前は会いたくないのか、残念。

それだけだ。

俺は会いたいけど、お前が会いたくないならしょうがない。

俺の価値が逓減したか、俺より会いたい奴がいるかだ。

エネルギーの違い

俺は会いたかったから、会いたいって言ってきた。

それは、誰にでもできないことを知った。

人に会いたいって、伝えることは、とても、エネルギーがいるってことだ。

つまり、俺は誰よりもエネルギーを使って、お前に会いたいって言ってきた。
そして、それは、俺がお前に会いたいと思ったからだ。

へえー、俺が作った世界は、俺が会いたいって言わなきゃ壊れる世界だったんだ。

つながりじゃなかった。一方通行の会いたいだった。

新しい生き方

新しい時代は、新しい生き方が必要だ。新しい生き方を模索しなければならない。新しいつながりとは何なのか?

その時その時の状況で、必要な人たちと、緩やかにつながり、必要がなくなれば、離れていく。

過去の関係に固執しない。

仕事の同僚や、友達だけでない、親や、家族も、必要なくなれば、離れていく。

だから、大事なことは、今、必要な人を見つける力だ。

【本要約】君に友達はいらない
株式会社という組織を筆頭に、かつて有用だった仕組みが緩やかに解体されて、再構築される途上にある。既存の組織や枠組みに替わって個人が緩やかなネットワークでつながり、その連携の中で仕事をし、プロジェクトベースで離合集散するという世界観が、現実のものになりつつある。この世界観が、グローバル化が進展する時代の幸福な生き方である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました