人生の迷子

宗教

人生の迷子

2021/11/6

宗教を信仰する人たちは、死んだ後のことや、生まれ変わりのことを心配して、そのために、現世で良い行いをしようとしている。

  • 誰も死んで生き返ったことないのに?

キリストは生き返ったとされているか…

  • 死んだ後のことなんて、誰にもわからないんだから、死んだ後で考えればよくない?
  • だから、遠い未来のこと、ましてや、死んだ後のことなんて、今、考えてもしょうがなくない?
今は、今のこと
今、現在をどう過ごすか?
今、どういった体験をして過ごすのか?

それが、現世での生き方で、無宗教の思考なのかもしれない。

  • 宗教は、誰も知らないことを、死んだ後のことを空想して、誰かにうまく説明して、誰かが信じたら、宗教足り得る。
  • 宗教は、非科学の極みであり、哲学の一部である。

自分の哲学によって、人々を集め、地位・名誉・権力・金銭を手に入れる力を持った人が、宗教家という職業である。

私たちは、よくわからないことが多い。

愛とか人生とか、定義もなく、目に見えるわけでもない。

だから、誰かに教えて欲しい。有史以来、哲学でも、答えが出てないから、みんなずっと悩み続けている。

だから、私たちは、「よくわからないことを納得できるように説明されて、理解して信じたい」と願う気持ちが、無意識にあるのかもしれない、本能的に持っているのかもしれない。

人生の迷子に与えられた道、それが宗教なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました