習慣と環境

知識

習慣と環境

2021/11/7

確かに、ボラティリティ ( 変動幅 ) は、必要だ。

娯楽を、日常に組み込んで、習慣化してはいけない。あくまで、娯楽は、非日常の中に留めておくに限る。私たちは習慣でできているから、日常生活の中に娯楽を置いてしまうとどうしても、その吸引力に抗えない。

日常生活は、できるだけ節制して行う。そして、非日常の中にだけ娯楽を存在させる。絶対に生活習慣の中に娯楽を混ぜない、人は、易きに流されてしまう生き物だ。意思の力など、全くと言っていいほど、役に立たない。なぜなら、私たちは習慣でできているからだ。強い意志も、習慣に押し潰されてしまう。

そして、一度身に付いてしまった習慣は、よくないとわかっていても、中々抜け出せない。よくないと気付けているなら、まだいいかもしれない。よくないと気付いていない、悪い癖が身に付いてしまっていることもある。

よくないと気付いているか否かに関わらず、習慣を変えるためには、環境を変えるしかない。新しい環境では、まだ、習慣がない。新しい環境では、新しい行動が生まれ、新しい行動が、習慣となる。

悪習慣断ちに最も効果的なのは環境の変化である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました