簿記の2級は、例えば、大型バイクを取るということ

湯浅

簿記の2級は、例えば、大型バイクを取るということ

2020/12/11

今、簿記3級を勉強している。

経営者の本を読んだり、お金の勉強をしたりしていると、『簿記』ってワードが頻出する。

なるほど、経営者になるためには、お金持ちになるためには、簿記が必要なんだと知る。

実際に勉強してみると、確かに、この知識は、お金のことを知るために必須だ。生きていくために必須だ。

なるほどなと。

そして、簿記3級の勉強がある程度進み、合格してないながらも、「2級って必要なんだっけ?」って調べる。内容を見てみると、これは、経営者として必須な知識だなと、簿記2級の取得を決意する。

必要なことは、時間がある時に取得しておく。未来の自分を、信じてるから、取得しておく。

大学生の時に、バイクの中免を取って、バイクを買って乗っていた。

そして、「いつか、ハーレーに乗りたい」っていう夢があった。「社会人になったら、免許取る暇ないだろうな」と思った。「いつか、ハーレーに乗りたい」って思った時に、「いつでも、乗れるようにしておきたい」って思った。バイトしたお金を、大学生にとって貴重な10万円くらいを、いつか乗れるかわからないハーレーに乗るために、使って、大型バイクの免許を取った。

そして、社会人になって、お金も貯まって、ハーレーを買った。

未来を想像する。そして、今しかできないことをして、準備する。

それは、未来を創造するということである。

準備して、十数年越しで、ハーレーを買った。
準備して、十数年なんて暇はないから、さっさと起業して、経営者になる。

事業計画はまだない。

どんなハーレーに乗るかではなくて、ハーレーに乗るための免許が必要なのだ。

どんな事業で起業するかではなくて、経営者になるために『簿記』が必要なのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました