人間の変化を嫌う性質が、行動を阻害する

湯浅

意思と行動

2021/8/27

意思 → 行動 → 結果
  • 意思は、自分でコントロールできる
  • 行動は、自分でコントロールできる
  • 結果は、自分でコントロールできない

結果は、環境や他人が決めるから、コントロールできない。自分でコントロールできないことに対して、労力を割くのは無駄だ。

私たちは、自分がコントロールできるモノに力を注ぐべきだ。

意思と行動である。
意思と行動は、自分でコントロールできる。自分で考えて動くことだ。

「言うは易し、行うは難し」

意思があって行動に移せる人は、稀だ。
そんな稀な人だけが成功への道を辿る。

心理学では現状維持バイアス
生物学ではホメオスタシス
脳科学ではコンフォートゾーン

人は変化を嫌う性質がある。
今のままを好む。

変化には大量のエネルギーが必要だ。
不安や恐怖も付きまとう。
それが、行動を制限する。

エネルギーはどこからやってくるのか?
エネルギーの源はどこか?

爆発的なエネルギーを発生させることで、未来への扉が開かれる。

しかし、そんなエネルギーが、何もないところから、いきなり発生するわけがない。

エネルギーは、育てていくしかない。

小さな行動を積み重ねることで、徐々にエネルギーを大きくしていく。それがやがて、大きなエネルギーへと成長していき、最後には爆発的なエネルギーになる。

何でも少しずつ、小さくから大きくしていく。

手探りでも、模索していくしかない。

意思が行動へ導くまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました