2000年の歴史と現代の不倫

宗教

2000年の歴史と現代の不倫

2020/12/12

『モーセの十戒』それは、西洋宗教の源である。ユダヤ教も、キリスト教も、イスラム教も、『モーセの十戒』に逆らうことはない。聖書の起源であるからだ。

『モーセの十戒』で気になることがあった。

十戒の第7戒
「貴方は姦淫してはならない」
この戒めにはある難しさがあります。今日では性的にいわばだらしない行為全体を禁じる戒めとして適用していますが、旧約時代における姦淫とは男性が既婚女性と関係することを意味する言葉でした。それゆえ、当時の男性が未婚の女性と関係を持つことは姦淫とはなされませんでした。ただし、姦淫を犯した男女は必ず死刑に処せられなければならないと厳しく定められています。

女の不倫は、死刑に値する。
男の不倫は、スルー。

2000年以上前の教え。うーん、常識?

湯浅は、不倫を肯定はしない。できるだけ不倫しないで生きた方がいいのは、事実だ。一方で、不倫は、本能でもあるから、難易だ。

でも、今でも、国を超えて、世界中の多くの人が信仰する聖書という、ルールブックには、「女の不倫はダメだけど、男の不倫はやむなし」って書いてある。

この問題において、思考しよう。

「女の不倫は、授かった子どもが誰の子どもかわからなくなるから、許されない」と仮定する。

確かに、家族のリーダーである男は、妻と子どもを幸せにするために、命を懸けて、尽力する。その子どもが、他人の子どもでは、家族の定義自体が損なわれる。それは、人類の繁栄に支障をきたす。だから、禁じられる。

「男の不倫は、授かった子どもが自分の子どもであるから、許されない」と仮定する。
※不倫相手の女性が性に奔放でないという前提

男の不倫について思考する。

  • 不倫をする男
  • 不倫しない男
  • 不倫できない男

「不倫をする男」と、「不倫しない男」は近い
「不倫できない男」は別枠である。

不倫する男
モラルが低く、利己的であるが、自身が魅力的であるから、不倫できる。

不倫しない男
モラルが高く、社会性を重んじる、マジメである、リスクヘッジするから、不倫しない。

不倫できない男
お金も度胸も何もない、そもそもモテない。

不倫する男は、自身の家族を養うことは前提に、その他の女性にも、幸福を与える存在である。
※女性と誠実に向き合っている場合

多くのエネルギーを持つ男が、そのエネルギーを拡散しているだけである。

その中で、「子どもを授かったら、自分の持つエネルギー(金銭)で、なんとかすればよくない?」っていう話だけなのである。

「男の不倫は、授かった子どもが自分の子どもであるから、許されない」という仮定は、覆された。その女と子どもに金銭的な援助ができるのならば、問題ない。男の場合は、稼ぐ力があれば、家庭を複数持つことは、倫理的でないし、法律の範疇でもないが、物理的には可能である。

まとめると、婚姻関係って、世間のルールだから、それに縛られる必要もなくて、誰と子どもを作るかは、自由だ。ただ、一つだけ必要なのは、「子どもをキチンと育てられる環境を用意できるか」ということである、多くの場合、それは、金銭に収束する。

だから、現代においては、女に稼ぐ力があれば、不倫も了承される世界だ。ただし、女性が不倫で、妊娠した場合は、婚姻生活は破綻し、自分一人で育てなければならないという前提があるが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました